13インチRetinaディスプレイ

アップル、新MacBook Air発表。新キーボード採用で打鍵感アップ、税抜104,800円から

編集部:押野 由宇
2020年03月18日
アップルは、新MacBook Airを発表した。価格は税抜104,800円から。学生・教職員向けには93,800円(税抜)から販売される。

新MacBook Air

新MacBook Airでは、クアッドコアプロセッサを初搭載。Turbo Boostの使用時に最大3.8GHzで稼働する、1.2GHzの最新の第10世代IntelクアッドコアCore i7プロセッサにより、前世代のモデルと比較して最大2倍の処理能力を実現する。

また、Intel Iris Plus Graphicsの搭載により、グラフィックスの処理能力も最大80パーセント向上。ゲームプレイやビデオ編集など、高速な描画が求められる作業をレスポンス良くこなせるようになった。

基本構成のストレージ容量は前世代の2倍となる256GBへとアップ。さらに多くのストレージ容量が必要な場合も、前世代の最大ストレージ容量の2倍に当たる、2TBのSSDを搭載できるようになった。

ディスプレイには画像を鮮やかに、文字をくっきり映し出す、明るく発色に優れた解像度400万ピクセル超の13インチRetinaディスプレイを採用。さらに、Touch IDと業界最高レベルの感圧タッチトラックパッドを備える。

そして、16インチMacBook Proで初めて採用された、新しいMagic Keyboardを搭載。再設計されたシザー構造によりキーストロークの深さは1mmとなり、快適で安定した打鍵感を実現するほか、矢印キーも新たに逆T字型配列となった。

アップルが設計した第2世代のカスタムシリコン、Apple T2 Securityチップの搭載により、起動プロセス時にロードされるソフトウェアが不正に書き換えられていないことをチェックし、内蔵のSSDに保管されるあらゆるデータをオンザフライで暗号化。あらゆるノートブックコンピュータの中で史上最も安全な起動プロセスとストレージを実現したとしている。

ほか、FaceTime通話時にクリアに声を取り込める3マイクアレイや、Thunderbolt 3ポートを搭載。MacBook Airでは初めて、最高6Kの解像度の外部ディスプレイ出力に対応する。ワイドステレオサウンドが楽しめるステレオスピーカーも搭載した。

なお、条件を満たすコンピュータを下取りに出すことで、新MacBook Airの購入価格が最大26,190円割引で購入することができる。

関連リンク

関連記事