一部機種が対象

アップル、iPad Air(第3世代)に何も映らなくなる問題を発表。無償修理を実施

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:風間雄介
2020年03月07日
アップルは、一部のiPad Air(第3世代)の画面が真っ黒になり、何も表示されなくなって、元に戻らなくなる可能性があることが判明したと発表した。

iPad Air(第3世代)

真っ黒になる前に、画面が一瞬ちらついたり光ったりすることがあるという。

この問題が確認されているのは、2019年3月〜10月に製造された iPad Air (第3世代)。事前に実機検査を行い、このプログラムの適用対象かどうかを検証した上で、アップルまたはアップルの正規サービスプロバイダで無償修理する。

第3世代iPad Airは現在も販売されているモデルで、ディスプレイは10.5インチ(DCI-P3対応)。チップはA12 Bionicを搭載し、Smart KeyboardやApple Pencilにも対応している。

関連リンク

関連記事