6月に開催

アップル「WWDC 2020」はオンライン開催に。「新たなフォーマット作る」

編集部:平山洸太
2020年03月14日
米アップルは、WWDC2020をオンラインで実施すると発表した。これまではオフラインで開催していたが、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、開催方法を変更した格好。

開発者向け会議「WWDC(Worldwide Developers Conference)」は、毎年6月に開催されるイベントで、今回が31年目の開催としている。WWDCでは、その年の秋に正式公開される新OSやその機能が発表されるのが恒例となっている。新たなハードウェアが発表されたこともある。

なお同社では、オンライン開催によって生じる損失への対策として、開催地であったサンノゼの地元組織に対して、100万ドルを約束する予定だという。

また、同社ワールドワイドマーケティング シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏は「現在の健康状態では、オンラインでキーノートやセッションにおいて全てのプログラムを提供するという、新たなWWDC 2020のフォーマットを作り、世界中の開発者コミュニティに素晴らしい学習体験を提供する必要がある。 今後数週間以内に、すべての詳細を共有する」と述べている。


関連記事