SuperClear IPSパネル技術を採用

ビューソニック、約3.3万円のWQHD解像度31.5型ワイド液晶ディスプレイ

編集部:川田菜月
2019年12月04日
ビューソニックジャパンは、WQHD解像度の31.5型ワイド液晶ディスプレイ「VX3211-2K-MHD-7」を12月5日から発売する。価格はオープンだが、32,800円前後での実売が予想される。

「VX3211-2K-MHD-7」

WQHD解像度(2,560×1,440)のノングレアIPSパネルを搭載。視野角は上下左右178度、色域はsRGBを99%、AdobeRGBを87%カバー。SuperClear IPSパネルテクノロジーにより、どの角度から見ても高精細かつ色鮮やかな表示が可能としている。輝度は250cd/m2、コントラスト比は標準時1,200対1、ダイナミックコントラスト比は80,000,000対1。

2W×2のステレオスピーカーを内蔵。高精細な映像と合わせて、迫力あるサウンドを実現するとしている。音声入出力にステレオミニジャック1系統も装備する。

入力端子はHDMI 1.4、DisplayPort 1.2、VGA(D-sub15ピン)を各1系統ずつ装備し、PCやAV機器、ゲームなど様々な対応機器と接続可能。なおVGA接続では最大1080p解像度のサポートとなる。

他にも、画面のチラつきを抑えるフリッカーフリー技術、ブルーライトフィルターを搭載するなど、目の負担軽減にも考慮した設計となっている。

消費電力は標準60W、ENERGY STAR7.0およびEPEAT Silverに準拠したエコモード時は45Wとなる(最大65W/待機時0.3W以下)。外形寸法は729.7W×495.5H×230.02Dmm(スタンド含む)、質量は約7kg。

関連記事