欧州向けAndroid TVも

<IFA>シャープ、世界最大120インチ8K液晶ディスプレイを20年春発売。米テレビ再参入は今秋

編集部:川田菜月
2019年09月06日
シャープは、独ベルリンにて開催されている「IFA2019」にてプレスカンファレンスを開催。世界最大サイズの120インチ8K液晶ディスプレイやDynabook 8K PCなど新製品を発表した。

世界最大サイズの120インチ8K液晶ディスプレイ

「Changing the World wht 8K+5G and AIoT」をビジョンとして掲げ、「8K+5Gエコシステム」「AIoTワールド」の構築により、新たな価値の提供を目指すと宣言。IFA 2019の出展ブースでは「8K+5G」「AIoT」の2つのテーマに分けて製品やシステムソリューション展示が行われる。プレスカンファレンスでは、「8K+5Gエコシステム」についてはシャープの喜多村和洋氏が、「AIoTワールド」については沖津雅浩氏がそれぞれ説明した。

シャープの喜多村和洋氏

「8K+5Gエコシステム」「AIoTワールド」の2つのコンセプトのもと、続々と新製品を投入する

同社は今回、世界最大サイズの120インチ8K液晶ディスプレイを発表。2020年春に日本含むグローバルで製品を投入する予定だという。価格は未定。なおシャープでは主にコンシューマー向けの8K製品の開発を行ってきたが、本製品はBtoB向けに展開するとのこと。5Gに対応することで、新たなリモートビューイングの可能性を実現するとアピールした。

「シャープは2017年に世界初の8Kテレビを、続く翌年にはプロシューマー向け8Kカムコーダーを発表し、8K市場の発展を牽引してきた」とし、2019年から2020年にかけては、上述の120型8Kディスプレイに加え、小型8KカメラやDynaBook 8K PCなども投入予定。撮影/編集/データ伝送/表示といった一連のフローの中でハード/ソフトの両面の充実を図り、「8K+5Gエコシステム」の構築を推進していくとした。

撮影から編集、表示の領域にわたって、フルバリューチェーンで製品やサービスを展開していくとした

テレビ製品では欧州向けに、新プラットフォームを構築したというAndroid TV搭載の4Kスマートテレビ“Sharp AQUOS Android TV”「BNシリーズ」「BLシリーズ」も発表された。欧州でAndroid TVを投入するのは今回が初としており、BNシリーズが50/55/65型、BLシリーズが40/50/55/65型をラインナップする。

“Sharp AQUOS Android TV”「BLシリーズ」

BLシリーズは年内発売予定で、価格は40型が499ユーロ、50型が479ユーロ、55型が549ユーロ、65型が749ユーロとのこと。BNシリーズは2020年第一四半期に発売となる見込み、価格は未定。

いずれもAndroid 9.0を搭載、GoogleアシスタントおよびChromeCastに対応。リモコンにはGoogleアシスタントボタンを備え、アシスタントを容易に呼び出すことができ、本機やスマート家電の音声操作が可能。YouTubeやNetflixなどの動画配信サービス、Deezerなどのストリーミングサービスにも対応する。

両シリーズとも、シャープとGoogle、メディアテックが3社協業で開発したという新しいプラットフォームを採用しており、よりスムーズな操作性や連携を可能にするという。

ディスプレイは4K解像度で、HDR10とHLGをサポート。Active Motion 600テクノロジーにより、モーションシャープネスの向上を図ったとしている。またDTS HD/DTS Virtual:Xに対応。加えてBNシリーズはドルビービジョン/ドルビーアトモスにも対応し、上位シリーズに位置付けられる。内蔵スピーカーはharman /kardon製を採用、フルレンジ/シルクトゥイーター/ウーファーで構成される。

テレビに関連して、新たなサウンドバーも2モデル発表された。“Smart Soundbar"「HT-SBW310」は、2.5インチドライバーを2基、トゥイーターを1基搭載する2.1chサウンドバーシステム。独自のテレビチューナーやAmazon Alexa内蔵する。2020年第一四半期の導入予定。500W×130H×60Dmmと小型で、高級車のデザインや製造を行うピニンファリーナによるデザインが施される。オプションのサブウーファーは60Wと100Wの2種類が用意。

サウンドバーも2モデル登場

グローバルでの展開も検討しているという

上位モデルの「HT-SBW850」はドルビーアトモスやDTS Play-Fiを搭載する5.1.2chシステムで、Play-Fi対応製品によるマルチルーム再生も可能。その他、Airplay 2やChromeCastもサポートする。本機は2020年に投入予定だという。

なお、これらの製品は日本含むグローバルでの展開も検討しているとのこと。シャープでは2019年秋に、米国でテレビ市場への再参入を予定している。欧州でも一度ブランドを譲渡していたが、2018年に「AQUOS 8K」を投入している。喜多村氏は「各市場での展開基盤が整っている。グローバルでのテレビ事業拡大に努める」と語った。

関連記事