10/18から順次発売

au、'19秋冬 - '20春スマホ。「Xperia 5/8」「Galaxy Fold」「AQUOS zero2」など全9機種

編集部:川田菜月

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年10月10日
KDDI、沖縄セルラーは、au 2019秋冬 - 2020春モデルとしてスマートフォン9機種の取り扱いを発表。10月18日から順次発売を開始する。サムスンの折りたためるスマホ「Galaxy Fold」や、ソニーの21対9シネマワイドディスプレイ採用モデル「Xperia 5」などをラインナップする。

■「Galaxy Fold」 2019年10月25日発売

Galaxy Fold

Galaxy Foldは、折りたたみ可能な有機ELディスプレイを「Infinity Flex Display」搭載したスマートフォン。国内ではauの独占発売になるとのこと(2019年9月時点)。メインディスプレイは開いた状態で7.3インチ、閉じた状態ではカバー部に搭載する4.6インチの「Cover Display」が利用でき、この場合は幅は約63mmと片手に収まるサイズになる。

背面部

ディスプレイを曲げられるようにするため、従来のスマホで使われているものより50%薄い、新たなポリマー層を開発。また開く際にはスムーズに動作し、なおかつコンパクトな新たなヒンジシステムも開発している。

メインディスプレイは解像度QXGA+のDynamic AMOLEDを採用。HDR10+対応で、映像シーンの明暗をリアルなコントラストで表現できるとのこと。カバーディスプレイは解像度HD+のSuper AMOLEDを採用し、閉じた状態から画面を開くだけでアプリを大画面表示へとシームレスに切り替え可能だ。

また、最大3つのアプリを同時に起動可能。大画面を3分割表示し、タップやドラッグの動作で動画や写真を見ながらメッセージの返信やポップアップ表示などが行える。

カメラは合計6つ搭載。メインは約1,600万画素の超広角、約1,200万画素の広角、約1,200万画素の望遠カメラのトリプル構成、フロントは約1,000万画素のセルフィーカメラと約800万画素のRGB深度カメラのデュアル構成となる。また、折りたたんだ状態でも使用できる約1,000万画素のカバーカメラも搭載する。撮影サイズは静止画が最大4,608×3,456、動画が最大3,840×2.160となる。

OSはAndroid 9 Pieを採用。プロセッサーは7nmプロセスの64bitオクタコアのもので、RAMは12GB(LPDDR4x)、フラッシュメモリーは512GB (UFS3.0)。メモリは512GB(ROM)/12GB(RAM)、電池容量は4,380mAh。Bluetoothはver5.0。本体カラーはスペースシルバーのみ。質量は約276gで、開いた状態の外形寸法は約118W×161H×6.9Dmm、閉じた状態は約63W×161H×15.7Dmm。サムスンの完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」が付属する。

■「Xperia 5」2019年10月下旬以降

Xperia 5

Xperia 5は約6.1インチ、アスペクト比21:9の縦長ディスプレイを搭載したスマートフォン。フラグシップモデル「Xperia 1」の弟分的な位置づけで、映画とほぼ同じ比率の21:9シネマワイドディスプレイはHDR対応の有機ELを採用し、大画面を持ちやすい幅約68mmのスリムサイズに仕上げた点も特徴。

背面部

解像度は2,520×1,080(フルHD+)。同社のBRAVIAで培った高画質技術「X1 for mobile」により、SDRコンテンツをHDR相当に高画質化する「HDRリマスター」機能も搭載する。また、HDRとBT.2020の色域、10bit信号に対応した「クリエイターモード」を搭載し、を搭載し映像制作者の意図を忠実に再現できるとしている。

専用アプリを使って1画面の上下に別のアプリを同時表示できる「21:9マルチウインドウ」も利用可能。その他、アプリ操作中にSNSなどの通知をタップすると、自動でマルチウインドウを起動する機能も備える。

背面のメインカメラはトリプル構成。35mm換算の焦点距離26mm(F1.6)の標準レンズ、52mm(F2.4)の望遠レンズ、16mm(F2.4)の超広角レンズを使い分け可能で、いずれも画素数は約1,220万、光学式手ぶれ補正にも対応する。また、同社のカメラ “α” シリーズで培ったアルゴリズムにより、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にも対応した。フロントカメラは約800万画素。

音声面ではドルビーアトモス、ハイレゾにも対応。独自の高音質化技術「DSEE HX」の搭載や、BluetoothコーデックはLDACにも対応する。ゲームプレイを最適化する「ゲームエンハンサー」の機能向上や、不安定なWi-Fi接続状況を予測して自動的にLTEに切り替えて最適化する「スマートコネクティビティ」機能も搭載。

OSはAndroid 9 Pie。プロセッサーはクアルコムのSnapdragon 855を採用、容量は64GB(ROM)/6GB(RAM)、外部メモリは最大512GBのmicroSDXCに対応する。バッテリーは3,140mAh。外形寸法は約68W×158H×8.2Dmm、質量は約164g。ブラック、グレー、ブルー、レッドの4色をラインナップする。au公式アクセサリー「au +1 collection」では純正ケースのほか、auオリジナルデザインケースや保護ガラスなども順次発売予定。

Galaxy Note10+/AQUOS zero2

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事