「NEW ALIENWARE m15」など本日6月28日から順次発売

DELL/ALIENWARE、4K有機ELディスプレイや第9世代Core i9搭載機など新ノートPC 4機種

編集部:小野佳希

前のページ 1 2 次のページ

2019年06月28日
デルは、4K有機ELディスプレイやcore i9プロセッサーを選択可能ながら同ブランド史上最薄も実現させた「NEW ALIENWARE m15」など、ゲーミングブランドのALIENWAREおよびデルブランドのノートPC新モデル4機種を本日6月28日より順次発売する。ラインナップは下記の通り。

NEW ALIENWARE m15 212,980円〜
NEW ALIENWARE m17 232,980円〜
NEW XPS 15 207,980円〜
NEW DELL G7 17 価格未定
※価格はすべて税抜き
※NEW DELL G7 17のみ7月上旬発売

NEW ALIENWARE m15

■NEW ALIENWARE m15/m17 ― 機能強化と薄型化を両立

NEW ALIENWARE m15/m17の2製品は、グラフィックスに8フェーズ電圧レギュレーター、CPUに6フェーズ電圧レギュレーターを搭載し、独自冷却技術「CRYO-TECH V3.0」も採用。デザイン面でも独自の「レジェンドデザイン」を採用している。m15が15.6インチモデル、m17が17.3インチモデルで、m15は4K有機ELディスプレイも選択可能。

NEW ALIENWARE m17

両機とも第9世代 Core i9HKプロセッサーと NVIDIA GeForce RTZ 2080 Max-Qグラフィックスまで搭載可能。上記のようにプロセッサーに6フェーズ電圧レギュレーター、グラフィックスに8フェーズ電圧レギュレーターを搭載し、効率性とターボ周波数の持続性を向上させる設計にし、GPUとCPUのハイパフォーマンスを長時間にわたって持続させるという。

m17での従来機とのスペック比較。薄型化しつつもキーピッチをより深くすることにも成功している

最新バージョンの「V3.0」に進化した冷却技術「CRYO-TECH」では、CPUとGPUのファンブレードが前世代より10%(NEW ALIENWARE m15)、32%(m17)増加。さらにシステムの最も重要なコアに冷気を直接送り込むことで、CRYO-TECH V2.0よりエアフローを20%(NEW ALIENWARE m15)、25%(NEW ALIENWARE m17)改善するなどしている。

冷却技術「CRYO-TECH」がバージョン3に進化

m15に搭載できる4K有機ELディスプレイは、応答時間1ms、コントラスト比100,000:1、リフレッシュレート60Hz、輝度400ニットを実現。「超高解像度4Kディスプレイとハイコントラスト、広色域有機ELを組み合わせることで、ゲーマーに妥協のないビジュアルを提供する」とアピールしている。

また、ディスプレイは240Hz(NEW ALIENWARE m15)および144Hzのオプションも選択可能。240Hzパネルは、sRGB 100%の色域、1000:1のコントラスト比、300ニットの輝度、7msの応答時間を実現している。144Hzパネルは、72%NTSC色域、800:1のコントラスト比、300ニットの輝度、9msの応答時間を実現しており、NEW ALIENWARE m15向けには近日中の発売を予定している。

さらに、次世代Tobii視線追跡機能を15インチALIENWAREノートPCに初めて搭載。ウェイク機能を備えた小型センサーによって、頭のポーズ、プレゼンス、細かい視線、視点をより正確に追跡するとしている。なお、本機能はm15では有機EL、240Hzおよび144Hzディスプレイ選択時に、m17では144Hzディスプレイ選択時に利用可能。

内蔵メモリー容量は16GB。「海外では8GBも選択可能だが日本ではハイスペックが好まれるため16GBのみにした」という。ストレージは256GB PCIe SSDから最大4TB RAID0(2×2TB)PCIe SSDまで選択可能。端子類にはThunderbolt 3を1系統、USB 3.1 Gen1 Type-Aを3系統(うち1系統がPowerShare対応)、ヘッドホン/マイク端子を1系統装備している。

そのほか排気効率を向上させるとともに剛性も高めるという6角形のハニカムパターンも採用

そして、上記のようにデザイン面では「レジェンドデザイン」を採用。このレジェンドデザインは「ALIENWARE AREA-51m」から採用しているもので、「従来のゲーミングPCは黒を基調に電飾で演出するものが一般的だったが、我々は新しいデザインにチャレンジした」(デル コンシューマー&ビジネスマーケティング統括本部 本部長 田尻祥一氏)とのことで、「大きな好評を博している」という。こうしたことも一因となって「我々のゲーミングビジネスは昨年対比で二桁成長と好調だ」とも紹介された。

デル 田尻氏

■NEW XPS 15 ― フレームレス画面で15インチモデルXPS史上最小を実現

NEW XPS 15は、フレームレスデザインなどによって14インチに近い本体サイズで15.6インチディスプレイ搭載を可能にしたモデルで、デルの15.6インチモデルとして史上最小サイズを実現したとのこと。本機も4K有機ELディスプレイ搭載を選択できる。有機ELディスプレイのコントラスト比は100,000:1で、輝度が400ニット。なお液晶の4Kディスプレイも選択でき、その場合の輝度は500ニット。

NEW XPS 15

NEW DELL G7 17 ― ゲーミングにも一般用途にも

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事