2度目の延長

iPhone XR/XS 買い換え促進の下取りキャンペーンがまた延長、今度は無期限に

編集部:風間雄介
2019年03月01日
アップルは、iPhone XR/XSに割安でアップグレードできる下取り交換プログラムの期間を延長。期限を明示することをやめ、実質的に無期限のプログラムになった。

本プログラムは当初、昨年12月に発表。1月31日までの期間限定としてスタートさせた。その後、終了期間を2月28日まで延長していた。今回、本来キャンペーンが終了しているはずの3月1日以降も下取りキャンペーンが継続され、期間終了日の表示がなくなった。

本プログラムでは、オンラインまたは近くのApple Store実店舗で、使い終わったデバイスを下取りに出し、下取り対象になった場合、差額で新機種を購入できる。実店舗ではその場で下取り額分を割引し、オンラインでは下取り額分のApple Storeギフトカードがもらえる。これによってiPhone XRやiPhone XSへのアップグレードを促すキャンペーンだ。

今使っているiPhoneのモデルと状態によって下取り価格が変わるが、iPhone XRへのアップグレードは実質59,800円(税抜)から、iPhone XSへのアップグレードは実質87,800円(税抜)から購入できる。

アップルはiPhone XRを中心に、新モデルへの買い換えが思う通りに進んでいない。このことは同社のティム・クックCEOも認めている。販売を少しでも伸ばすため、背に腹は代えられないといったところだろうか。

関連記事