アップルTIPS

iOS 13でこの秋実現、2台のイヤホンの「ペアリスニング」がかなり便利!

山本敦
2019年07月26日
アップルが秋に正式リリースを予定しているiOS 13、iPadOS 13には、2台のAirPodsで同時にペアリスニングが楽しめる「オーディオの共有」機能が加わる。現在配信されているパブリックベータ版で、この機能を試してみた。

iPad miniにiPadOS 13のパブリックベータ版をインストールして「オーディオの共有」を試した。本記事では特別な許可を得たうえでiPadOS 13を取材して画像を掲載している。正式リリース版ではサービスの仕様や画面のデザインが変わる可能性もあることをご了承いただきたい

1つの音楽ソースを2人が同時に聴けるペアリスニング自体は、取り立てて斬新な機能ではない。有線ヘッドホン・イヤホンやヘッドホンアンプなどを含めれば、これまでにたくさんの対応機器が発売されている。Bluetoothイヤホンでも、たとえばかつてフィリップスには「MusicChain」という機能があり、筆者が以前取材したTX2BTやSHB5900などが対応していた(製品レビュー)。

AirPodsに関しては、これまで音楽リスニングはプレーヤー機器と1対1で接続することしかできなかった。次世代のOSで実現するペアリスニングでは、どのように便利になるのだろうか。

「オーディオの共有」機能の使い方はとてもシンプルだ。最初に1台目のAirPodsをペアリングしてから、続いてもう1台のAirPodsのフタを開け、iOS/iPadOSデバイスに近づけると、おなじみのワンタッチペアリングのアニメーションが表示される。AirPodsのケースのペアリングボタンを長押しすると2台目のイヤホンがペアリングされ、プレーヤー機器のBluetoothデバイスのリストに、2つのAirPodsが同時に「接続済み」機器として表示される。

筆者のAirPodsとPowerbeats Proを同時にペアリングした

さらに、2台のAirPodsに音声をストリーミングするためには、コントロールパネルなどから出力先を設定する。2台のペアリングされたAirPodsの右側に表示される丸いチェックボックスをオンに切り替えると、タイミングがピタリと同期した音が、2つのイヤホンから同時に聴こえてくる。さらに、音量はそれぞれのイヤホンごとに設定できる。

イヤホンの切り替え、オーディオの共有はコントロールパネルから選択する

チェックボックスがオンになっているイヤホンに音声がストリーミングされる。音量はそれぞれの機器ごとに設定可能だ

イヤホンの組み合わせはどうだろう。今年3月発売の第2世代AirPodsを1台目に設定し、2台目に2016年発売の初代AirPodsを接続すると、問題なく再生できる。さらに最新のApple H1チップを搭載したPowerbeats Proをペアリングしてみても、問題なくペアリスニングが行えた。なお、2台目にApple W1チップを搭載するBeatsXを組み合わせた場合、片側のイヤホンから音が出ない状態になったが、これはまだベータ版だからかもしれない。

なお、オーディオを共有できるアプリはアップル純正の「ミュージック」だけではなく、NetflixやAmazonプライム・ビデオなど動画ストリーミングアプリでもOKだった。この秋に新OSがリリースされたら、電車や飛行機などで、1つの画面をのぞき込みながら2台のAirPodsで音を聴く光景が増えそうだ。

Netflixなど動画系アプリの音声もオーディオの共有機能を使って2台のAirPodsでシェアできる

関連リンク

関連記事