Wi-Fi通話時のRTTにも対応

macOS 10.14.2配信、iTunesで他社製AirPlayスピーカーから再生できないバグを修正

編集部:風間雄介
2018年12月06日
アップルは、Mac向けのOS「macOS 10.14.2」を配信開始した。

このアップデートでは、iTunesで、他社製AirPlayスピーカーからメディアを再生できないことがあるバグを修正。さらに、Wi-Fi通話時のRTT(リアルタイムテキスト)にも対応した。

そのほかにもMacの安定性や互換性、セキュリティなどが改善されており、「すべてのユーザーに推奨する」としている。

関連リンク

関連記事