Wi-FiとLTEの2タイプ

ファーウェイ、8.4型タブレット「MediaPad M5」。ハイレゾにも対応

編集部:風間雄介
2018年05月10日
HUAWEI(ファーウェイ)は、ハイレゾ再生にも対応した8.4型タブレット「MediaPad M5」を5月18日に発売する。本体色はスペースグレイ。

Wi-FiモデルとLTEモデルが用意され、価格はいずれもオープンだが、Wi-Fiモデルは39,800円前後、LTEモデルは45,800円前後での販売が予想される。

「MediaPad M5」

手に持ったところ

MediaPad M3の後継機となる、新たな最上位タブレット。外形寸法は約212.6×124.8×7.3mmで、質量は約320g。

OSはAndroid 8.0で、独自のEMUI 8.0を採用する。プロセッサーはKirin 960 8コアで、2.4GHzが4コア、1.8GHzが3コア。メモリはRAMが4GB、ROMが32GB。

Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応。Bluetoothのバージョンは4.2となる。そのほかmicro SDXCスロットは最大256GBまで対応しており、USB Type-Cも備えている。

画面は8.4型のIPS液晶で、解像度は2,560×1,600。独自の映像最適化技術「ClariVu」も搭載している。さらに、目の疲れを軽減する視力保護モードも備えている。

側面

上部

またデザイン面では、表面のガラスのエッジ部分が湾曲している「2.5D」デザインを採用している。

新たにハイレゾに対応。USB Type-C to 3.5mmアダプターを介して、ヘッドホンやイヤホンでハイレゾ再生が行える。またハイレゾ再生には、同社独自の音楽再生アプリの使用が必要となる。

またスピーカーはHarman Kardonチューニングが施されている。スピーカーユニットは2基。

バッテリーは5,100mAhで、急速充電(9V、2A)にも新たに対応した。約1.9時間でフル充電が行える。

カメラは背面のメインカメラが13メガピクセル、フロントカメラは8メガピクセル。

背面のメインカメラは13メガピクセル

折りたたむことでスタンドにもなるスマートカバーを同梱する。なお同時に発表された「MediaPad M5 Pro」とは異なり、タッチペンによる操作には対応しない。

関連リンク

関連記事