3,840x1,920解像度での360度動画撮影が可能

サムスン、360度撮影が可能な球形カメラ「Samsung Gear 360」

編集部:小野佳希
2016年02月22日
Samsung Electronicsは、3,840x1,920解像度での360度動画/静止画撮影が可能な球形カメラ「Samsung Gear 360」を、バルセロナで開催されているMobile World Congressにて発表した。2016年の第2四半期に複数の国々での発売を予定している。

Samsung Gear 360

15メガピクセルのCMOSセンサーによる魚眼レンズを2基備えた二眼式で、片方のレンズだけを使って180度のワイドアングル撮影も行える。レンズはF2.0と明るく、暗所でも高解像度に撮影できるとしている。

両面にカメラを備えた二眼式

同社製スマートフォン「Galaxy」シリーズの対応モデルに専用アプリをインストールすれば、リアルタイムでのプレビューや、スマートフォン側へ撮影ファイル保存などが可能。また、撮影したコンテンツをVRヘッドセット「Gear VR」で視聴できる。

球形デザインを採用

対応するGalaxyシリーズは、同時発表された新モデル「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」、および従来モデルでは「Galaxy S6 edge+」「Galaxy Note 5」「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」。なお、PC向けにも撮影したファイルを編集するソフトを提供する。

動画はMP4 (H.265)形式で3,840x1,920/30fps、静止画はJPEGで最大7,776x3,888解像度で記録。記録媒体は最大128GBまでのmicroSDカードに対応している。

本体には72x32の0.5インチディスプレイも備え、加速度計とジャイロセンサーも内蔵。Wi-FiやNFCにも対応するほか、IP53相当の防水防塵性能も装備している。外形寸法は66.7x56.2x60mmで、バッテリー込みの質量が153g。バッテリー容量は1,350mAh。

関連リンク

関連記事