「モバイルシアター」向け料金プランも開始

ソフトバンク、LTE対応のAndroid搭載モバイルPJ「モバイルシアター」を11月13日に発売

編集部:近藤 貴彦
2015年11月05日
ソフトバンクは、国内初となるLTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を11月13日より発売する。

モバイルシアター

5月の製品発表時には「9月以降に発売」としていたが、今回正式に発売日が決定した格好(関連ニュース)。

また、発売に合わせて、「モバイルシアター」向け料金プランの「スマートデバイスプラン」と、スマートフォンで契約しているデータ定額パックのデータ量を本製品と共有できるサービス「スマートデバイスシェア」を提供開始する(関連ニュース)。

モバイルシアターは、最大120インチのサイズで投影可能な高性能モバイルプロジェクター。Miracastによる無線接続や、HDMIによる有線接続にも対応しており、さらにスピーカーも内蔵している。

Android OSを搭載し各種アプリを利用できるほか、LTE/4G通信にも対応し、モバイルWi-Fiルーターとしても利用できる。

バッテリー容量は6,300mAhで、約3時間の連続投影が可能。また、電源の供給機能を備えており、モバイルバッテリーとしても利用できる。外形寸法は約131H×134W×33.3Dmm、質量が約579g。

関連記事