モバイルシアターは9月以降発売

ソフトバンク、「モバイルシアター」向け料金プラン発表 − スマートフォンとデータシェアで月額500円

編集部:近藤 貴彦
2015年07月31日
ソフトバンクは、9月以降の発売を予定している、国内初のLTE対応Android搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター(関連ニュース)」向けの料金プラン「スマートデバイスプラン」を発表した。

モバイルシアター

最大120インチでの投射が可能

スマートデバイスプランは、3年契約の場合で基本料金は月額2,000円(S!ベーシックパックを含む)。3年間の契約期間終了後は、2年単位での自動更新契約となり、更新月以外の解約は契約解除料9,500円がかかる。また、年間契約を伴わないスマートデバイスプランも用意し、月額3,500円(S!ベーシックパックを含む)で提供される。

ただし、モバイルシアターを利用するには、スマートデバイスプランの他にデータ定額パックへの加入が必要。データ量は用途に合わせて選択可能で、選択したデータ量に応じた月額利用料が発生する。データ定額パックに加入した場合、「モバイルシアター購入割引」として月々2,400円の割引が36カ月間適用される。

また、スマートフォンで契約しているデータ定額パックのデータ量を共有できる「スマートデバイスシェア」(月額500円)に加入することでも、モバイルシアターを利用できる。スマートデバイスシェアに加入した場合は「シェア用基本料割引」により、スマートデバイスプランの基本料金が無料となり、月額500円でモバイルシアターを利用できる。なお、年間契約を伴わないスマートデバイスプランは、シェア用基本料割引やモバイルシアター購入割引は適用されない。

関連記事