モバイルWi-Fiルーターとしても利用可能

ソフトバンク、LTE対応のAndroid搭載モバイルPJ「モバイルシアター」

編集部:小野佳希
2015年05月19日
ソフトバンクは、国内初となるLTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を9月以降に発売する。

モバイルシアター


最大120インチのサイズで投影可能な高性能モバイルプロジェクター。Android OSを搭載し各種アプリを利用できるほか、LTE/4G通信にも対応し、モバイルWi-Fiルーターとしても利用できる。

最大120インチでの投射が可能

外形寸法は約131H×134W×33.3Dmm、質量が約579g。プロジェクターとしては、上記のように最大120インチでの投影が可能で、明るさは200ルーメン。Miracastによる無線接続や、HDMIによる有線接続にも対応しているため、スマートフォンなどの画面を投影することもできる。スピーカーも内蔵しているため、そのまま自宅や外出先、ビジネスシーンなどでも快適に利用可能だとしている。

背面端子部

Android 4.4.4を搭載しているため、スマートフォンやタブレットと同様に、Androidアプリケーションを利用可能。また、本体のディスプレー映像やアプリケーションをそのままプロジェクターで投影することもできる。

スマホと同様にタッチディスプレイで各種アプリを利用可能

「SoftBank 4G LTE」「SoftBank 4G」に対応しているため、本体だけで通信が可能。また、モバイルWi-Fiルーターとしても利用できる。

明るさは3段階から選択可能。右が「High」、左が「Medium」で投射した際のもの

バッテリー容量は6,300mAhで、約3時間の連続投影が可能。また、電源の供給機能を備えており、モバイルバッテリーとしても利用できる。

本体には約5インチでHD解像度のモニターを装備。16GMのROMと2GBのRAMを内蔵し、CPUには2.0GHzクアッドコアのMSM8974を採用。外部記憶媒体としては最大64GBまでのmicroSDXCカードに対応している。

関連リンク

関連記事