一般予定価格は1,500円

「究極の通気性」を追求した国産マスク、クラファンでプロジェクト開始

PHILE WEB編集部
2020年08月05日
ハモンスポーツマーケティングは、「究極の通気性」を追求したという国産マスク「hamon AG sports マスク」のクラウドファンディングプロジェクトを、本日Makuakeで開始した。すでに目標金額の30万円を上回っている。

飛沫拡散防止に特化し、運動時やオフィスなどで一日中つけていても負担が少ないよう、通気性を高めたマスク。「トップアスリートがトレーニング中、快適に着用できる究極の通気性を追求した」という。

マスクを着けてトレーニングする女性

マスクは国内の繊維メーカー、ミツフジが福島県の自社工場で製造。構造は外側にハリのあるサテンメッシュ素材、裏側には柔らかく伸びの少ないポリエステルバックハーフ素材を採用。あいだにフィルター用ポケットを備え、市販のフィルター、不織布、ガーゼなどを挟むことができる。

カラーはホワイトとブラックの2色で、S/M/Lの3サイズを用意する。一般予定価格は1,500円(税込)だが、クラウドファンディング期間中は「ホワイト2枚セット買い 早割8%」(2,760円/税込)などの割安セットが用意されている。

関連記事