デサントとシャープの直販サイトなどで数量限定販売

デサント、シャープ独自開発の蓄冷剤で頬を冷やす「適温クーリングフェイスガード」

ファイルウェブ編集部
2020年07月29日
デサントジャパンは、シャープ独自開発の「TEKION(テキオン)」蓄冷材を使用して頬を冷やしながら口や鼻を覆うことができる「適温クーリングフェイスガード」を8月初旬から発売する。

適温クーリングフェイスガード

直販サイト「デサントストア」やデサントブランド直営店、およびシャープオンラインストア「COCORO STORE(ココロ ストア)」にて数量限定(合計2,000点)での販売となり、価格は4,400円(税込)。ブラックとブルーの2色のカラーバリエーションを用意する。

シャープ独自開発の冷たすぎず適温を保つ「TEKION(テキオン)」蓄冷材を内側のポケットに入れて使用するフェイスガード。口元を覆うことで周囲への飛沫抑制エチケットにもなり、セットする蓄冷材が、頬のくぼみにフィットするため、身体を動かしていても蓄冷材がズレにくく、クーリング効果を感じられるとしている。

「屋外でのジョギングやウォーキングなどを楽しむ際や、スポーツの大会などで競技を補助するスタッフ、身体を動かしながら作業する方など、手で何かを持つ機会が多い方にも、飛沫エチケットに気を配りながら、頬をクーリングするという新たな発想で涼しさをお届けします」とアピールしている。

装着して運動しているところ

暑熱対策として、体温を調整する特殊な血管「AVA血管」(動静脈吻合血管)を冷やすことで、体の深部体温の上昇を抑制する方法に注目。独立行政法人 労働安全衛生総合研究所とシャープの検証によって適温だとされている12℃で頬のAVA血管を冷やすようにしている。氷や保冷材だと温度が低すぎることで血管が収縮し、冷却効果が充分に発揮されないのだという。

「TEKION」蓄冷材は、シャープが液晶材料研究で培った技術を応用して開発。「−24℃〜+28℃で融け始める氷の状態で蓄冷できる」特徴を持ち、シャープの社内ベンチャー「TEKION LAB(テキオン ラボ)」を中心に、商品・サービスの提供を行っている。

関連記事