Cerevoブースでのデモを動画レポート

<CES>動画レポ:動きと声にあわせて光る!鳴る! SAOの剣「エリュシデータ」が現実化

編集部:小野佳希
2018年01月10日
Cerevoは、アニメ「ソードアート・オンライン」に登場する片手剣を1/1スケールで再現した「1/1 エリュシデータ(ELUCIDATOR)」を開発(関連ニュース)。2018 International CESで披露された実際のデモの様子を動画でレポートする。



刀身部分には、薄くて小さなチップ型のSMDタイプの高輝度LEDを2,000個搭載。また複数の点灯ドライバーで独立制御することで、刀身全体が光るだけでなく、鍔から刃先に向かって光が流れるような演出も可能となる。また6軸センサー(加速度・角速度)を搭載しており、刀を振った速度や方向、衝撃に応じて効果音が本体に内蔵したスピーカーから再生される。

本体には音声認識機能も搭載。これにより作中で使用される技の名前(「スターバースト・ストリーム」など)を発声すると、声に合わせてLEDが光り同時に効果音が鳴り、技の動きに合わせて連続して効果音が再生される。上記の動画ではそうした様子が確認できる。

同社は最新家電の技術を用いて、アニメやゲーム・映画などの作品中に登場するアイテムを可能な限り現実世界に再現するプロジェクト「S2R(from Screen To the Real world)」の一環として、汎用基盤とソフトウェアの組み合わせにより、様々な作品に登場する剣をスマート・トイとして再現できるプラットフォーム「BLADEM(connected BLAde Development and Evalution Module)」を開発。「1/1 エリュシデータ」は第1弾製品で、ソードアート・オンラインの主人公キリトが使用する片手剣エリュシデータの1/1スケールモデル。2018年夏頃の発売を予定しており、価格は6〜9万円前後を想定する。


PHILE WEBの動画がいち早く見られる、YouTubeのPHILE WEBチャンネルにもぜひご登録を!

関連記事