Laser TVやロシアW杯公式パートナーもアピール

<CES>ハイセンス、量子ドット技術採用/ドルビービジョン対応の新旗艦4Kテレビ「H10E」など発表

編集部:小野佳希
2018年01月09日
家電を始めとする様々な分野のブランドが世界中から集まるイベント「2018 International CES(Consumer Electronics Show)」。ハイセンスはプレスカンファレンスを開催し、量子ドット技術を採用しドルビービジョンやAmazon Alexa、Google Homeにも対応する新たな旗艦4K HDRテレビ「H10E」など、テレビ新製品を発表した。

今年開催されるサッカーロシアW杯の公式スポンサーであることから現役時代は代表チームにも選ばれていた3氏を招いてのトークセッションも開催

同社の4K HDR対応テレビ2018年モデルのラインナップは、上位機から「H10E」「H9E Plus」「H9E」「H8E」「H6E」の5シリーズ。H10EとH9E PlusがドルビービジョンとHDR10に両対応、その他の3シリーズはHDR10のみの対応となる。

H10E

フラグシップモデルのH10Eは、上記のように量子ドット(quantum dots)技術を採用。バックライトは1,000分割以上の細かいエリア駆動を行うという。Android OSを採用するスマートTVでGoogle Assistantを内蔵するほか、Google HomeやAmazon Alexaとの連携にも対応する。

H9E Plusは量子ドット技術こそ採用しないもの、ドルビービジョンとHDR10の両方に対応。また、音声面ではHarman/Kardonの技術によって高音質化を図っている。

H9E、H8E、H6Eの3シリーズは上記のようにドルビービジョンには非対応。最も安価なモデルでは699.99米ドルからラインナップするという。

プレスカンファレンスでは、超短焦点プロジェクターとスクリーンを組み合わせる“Laser TV”も大きくフィーチャー。ハイセンスグループのLui Hong Xin社長が、世界的にテレビが大型化しており、そうしたニーズに答えやすい製品であることをアピールし、会場では150インチスクリーンと組み合わせたモデルを披露するなどした。中国では2018年にLaser TVの旗艦店を100店舗展開する予定だという。

Laser TV。写真下部にある超短焦点プロジェクターから映像を投映

Lui Hong Xin氏

なお同製品はTexas InstrumentsのDLPチップを採用。TIのデーブ・ダンカン氏と、HARMANのダニエル・ジョナス氏が登壇してのトークセッションで、デーブ氏がLaser TVの高画質さに言及する一幕も見られた。

また、日本でも“4K ULED TV”「N8000」発表の際(関連ニュース)にアピールしていたように、サッカーワールドカップロシア大会の公式パートナーである点も改めて強調。元オランダ代表のマリオ・メルヒオット氏、元アメリカ代表のブライアン・マクブライド氏、元アメリカ女子代表のブランディ・シャステイン氏を招いてのトークショーも行った。アメリカではFOXと組んで、様々な映像やゲームを楽しめるアプリも提供するという。

関連記事