CESでプロトタイプを展示

Cerevo、SAOの剣「エリュシデータ」を実物大で再現。2000個のLEDと効果音が動きと発声に連動

PHILE WEB編集部
2018年01月09日
Cerevoは、アニメ「ソードアート・オンライン」に登場する片手剣を1/1スケールで再現した「1/1 エリュシデータ(ELUCIDATOR)」を開発。米ラスベガスで1月9日から開催される「2018 International CES」にてプロトタイプを展示する。2018年夏頃の発売を予定しており、価格は6〜9万円前後を想定する。

「1/1 エリュシデータ(ELUCIDATOR)」

同社は最新家電の技術を用いて、アニメやゲーム・映画などの作品中に登場するアイテムを可能な限り現実世界に再現するプロジェクト「S2R(from Screen To the Real world)」の一環として、汎用基盤とソフトウェアの組み合わせにより、様々な作品に登場する剣をスマート・トイとして再現できるプラットフォーム「BLADEM(connected BLAde Development and Evalution Module)」を開発。「1/1 エリュシデータ」は第1弾製品で、ソードアート・オンラインの主人公キリトが使用する片手剣エリュシデータの1/1スケールモデル。

(c)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

刀身部分には、薄くて小さなチップ型のSMDタイプの高輝度LEDを2,000個搭載。また複数の点灯ドライバーで独立制御することで、刀身全体が光るだけでなく、鍔から刃先に向かって光が流れるような演出も可能となる。また6軸センサー(加速度・角速度)を搭載しており、刀を振った速度や方向、衝撃に応じて効果音が本体に内蔵したスピーカーから再生される。

高輝度LEDを2,000個搭載し、動きに合わせて点灯

LEDの色・明るさやサウンド調整はスマホ向けアプリで設定可能。また、サウンドの出力を本体スピーカーからスマートフォンへ切り替える事も可能で、外部スピーカーとの接続でより大音量で効果音を鳴らす事もできる。

アプリ上でLEDや効果音の設定が可能

本体には音声認識機能も搭載。これにより作中で使用される技の名前(「スターバースト・ストリーム」など)を発声すると、声に合わせてLEDが光り同時に効果音が鳴り、技の動きに合わせて連続して効果音が再生される。同社は「発声、動き、音を連携させることで、玩具の域を超えて作中のキャラクターを疑似体験できる」としている。

同社はBLADEMを採用したスマート・トイのシリーズ化を検討しており、本製品で開発した汎用基盤とソフトウェアを用いて、様々なプラットフォームに向けてカスタマイズ対応していきたいとしている。

iOS/Android両対応で、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acをサポート。リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、約1.5時間駆動できるとのこと。外形寸法は170W×1125H×47Dmm、質量は約1.1kg。

その他、触感フィードバックデバイスを搭載したVRデバイス「Taclim」や、決済機能を備えたヘッドユニットと商品を収納するカーゴユニットで構成される超小型自動販売機「Qvie」も合わせて発表される。いずれも2018年夏頃の発売予定で、Taclim(シューズ1足、通信ユニット1個、触感ユニット2個のセット)は10〜15万円前後、Qvieは3〜4万円前後での実売が想定される。CES 2018の会場では、VRコントローラーが簡単に開発できる開発キット「Taclim Module」を埋め込んだ銃型アタッチメントを使ったシューティングゲームも展示される。

なお、当サイトではCEDで展示される「エリュシデータ」試作機の実際のデモの様子を後日追って動画でレポートする予定だ。

関連リンク

関連記事