充実の基本性能搭載

キヤノン、本格撮影が手軽に楽しめるデジタル一眼入門機「EOS Kiss X70」

ファイル・ウェブ編集部
2014年02月12日
キヤノンは、充実の基本性能を搭載したデジタル一眼カメラのエントリーモデル「EOS Kiss X70」を3月下旬に発売する。

・「EOS Kiss X70」(ボディ単体)直販サイト価格¥53,340(税込)
・「EOS Kiss X70 EF-S18-55 IS II レンズキット」直販サイト価格¥63,840(税込)

EOS Kiss X70(EF-S18-55 IS II レンズを装着したところ)

「より良い写真を手軽に楽しみたい」というエントリーユーザーのニーズに応えるために開発されたというモデル。レンズマウントはキヤノンEFマウント。

画像素子はAPS-Cサイズ・約1,800万画素のCMOSセンサーを搭載。映像エンジンには「DIGIC 4」を採用しており、最高約3.0コマ/秒の連写速度を実現する。ISO感度は最高6400(拡張12800)。

静止画撮影時の記録フォーマットはDCF2.0。画像タイプはJPEG/RAW(14bit、キヤノン独自)で、RAW+JPEGラージ同時記録も可能。同時記録時にも連写速度を低下させることなく撮影できるとしている。動画撮影時の記録形式はMPEG-4 AVC/H.264(MOV)/リニアPCMで、最大1,920×1,080/30p撮影に対応する。

基本の撮影性能を充実させており、本体には視野率約95%・倍率約0.8倍の高性能光学ファインダーを搭載。また、高精度9点測距AF(中央1点クロス測距)や、動く被写体に的確にピントを合わせるAIサーボAFも備えている。そのほか、撮影モードやクイック設定の各種機能・効果の説明を液晶モニターに表示させる機能ガイドも採用しており、エントリーユーザーが使いやすいように配慮している。

さらに「EOS MOVIE」をフルHD動画に対応させ、一眼レフカメラならではのボケ味を活かした高画質な動画撮影を可能とする。また、「人物」「自然」「屋外」「夕景」などのシーンを認識して、写真を美しく仕上げる「シーンインテリジェントオート機能」も搭載。撮影した画像に「魚眼風」「ジオラマ風」など5種類の特殊効果を加えられるクリエイティブフィルター機能も備えている。

本体は、外形寸法約129.6W×99.7H×77.9Dmm、質量約435g(本体のみ)と、従来機種に比べて大幅に性能を向上させつつ約15gの軽量化を実現した点もポイント。液晶モニターは約46万ドットの3.0型TFT式カラー液晶モニターを搭載する。

また、上位機種同様に前面/背面ともにラバーグリップを採用したことで、グリップ時のホールド性を高めつつ一眼レフらしい高級感のあるデザインも狙っている。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90002

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS Kiss X70
  • 発売日2014年3月下旬
  • 価格直販サイト価格¥53,340(税込)
【SPEC】●撮影素子:CMOSセンサー ●有効画素数:約1800万画素 ●液晶モニター:3.0型TFTカラー液晶モニター 約46万ドット ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:約129.6W×99.7H×77.9Dmm ●質量:約435g(本体のみ)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS Kiss X70 EF-S18-55 IS II レンズキット
  • 発売日2014年3月下旬
  • 価格直販サイト価格¥63,840(税込)
【SPEC】●撮影素子:CMOSセンサー ●有効画素数:約1800万画素 ●液晶モニター:3.0型TFTカラー液晶モニター 約46万ドット ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:約129.6W×99.7H×77.9Dmm ●質量:約435g(本体のみ)

関連記事