単体レンズキットに

キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M」にホワイトとレッド追加

ファイル・ウェブ編集部
2013年03月21日
キヤノンマーケティングジャパン(株)は、ミラーレスカメラ「EOS M」の単体レンズキットにホワイトとレッドを追加し、4月5日に発売する。

EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMレンズキット(ホワイト)

EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMレンズキット(レッド)


EF-M22mm F2 STMレンズキット(ホワイト)

EF-M22mm F2 STMレンズキット(レッド)
EOS Mはキヤノン初のミラーレスカメラで、EOSシリーズのエントリーモデルに位置づけられる製品(関連ニュース)。レンズシステムにはEOS M専用の交換レンズ「EF-M」を採用しており、レンズは「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF-M22mm F2 STM」を用意している。

カメラ本体はブラック/シルバー/レッド/ホワイトの4色だが、これまでは2つのレンズを同梱したダブルレンズキットのみ全色ラインナップしており、単体キットはブラックとシルバーだけ販売していた。

今回追加されるホワイトとレッドの単体レンズキットの直販サイト価格は、既発売のブラックおよびシルバーと同じで、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMを組み合わせたモデルが84,800円(税込)、EF-M22mm F2 STMを組み合わせたモデルが79,800円(税込)。

なお、ボディ単体での発売は引き続きブラックモデルのみ対応している。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター(ミラーレスカメラ)
TEL/050-555-90002

関連記事