APS-Cサイズセンサー搭載機として

キヤノン、“世界最小・最軽量”一眼レフ「EOS Kiss X7」 − バリアングル液晶の「X7i」も

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2013年03月21日
キヤノンは、一眼レフカメラ「EOS Kissシリーズ」の新製品として、APS-Cサイズセンサー搭載機として世界最小・最軽量を実現した「EOS Kiss X7」と、バリアングル液晶を搭載した「EOS Kiss X7i」を4月下旬より発売する。

■EOS Kiss X7
・ボディー単体:直販サイト価格79,800円
・EF-S18-55 IS STM レンズキット:直販サイト価格89,800円
・ダブルズームキット:直販サイト価格119,800円
 (EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS II)

EOS Kiss X7

■EOS Kiss X7i
・ボディー単体:直販サイト価格89,800円
・EF-S18-55 IS STM レンズキット:直販サイト価格99,800円
・EF-S18-135 IS STM レンズキット:直販サイト価格129,800円

EOS Kiss X7i

■世界最小・最軽量APS-C一眼レフ「EOS Kiss X7」

「EOS Kiss X7」は、APS-Cサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて世界最小・最軽量となる、約116.8W×90.7H×69.4Dmm、約370g(本体のみ)というサイズを実現。従来機「EOS Kiss X6i」比で体積は約25%小型化、質量は約28%軽量化を図った。

APS-Cサイズ・約1,800万画素のCMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 5を搭載し、高画質と最高約4コマ/秒の連写を実現。常用ISO感度は最高ISO12800(拡張ISO25600)に対応している。フルHD動画撮影にも対応するほか、記録媒体はSD/SDHC/SDXCカードに対応している。

ライブビュー撮影時および動画撮影時に、新開発の「ハイブリッドCMOS AF II」を採用。映像表示範囲の約80%というエリアにおいて、コントラストAFとCMOSセンサーによる位相差AFの併用を可能にすることにより、従来に比べ広い測距エリアで高速なピント合わせが行えるようにした。

撮影シーンに合わせて最適な設定を簡単に選択できるSCN(スペシャルシーン)に、「キッズ」「料理」「キャンドルライト」の新しい3つの撮影モードを追加。また、クリエイティブフィルターを動画でも楽しめる「ジオラマ風動画」をEOSシリーズで初めて搭載した。

液晶モニターにはワイド3.0型クリアビュー液晶IIを採用し、静電容量方式のタッチ操作に対応。ファインダーには倍率約0.87倍の光学ファインダーを搭載している。

「X7」と「X7i」との違いはどこに?

前のページ 1 2 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS Kiss X7
  • 発売日2013年4月下旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格79,800円/ボディー単体)
【SPEC】●有効画素数:約1800万画素 ●撮像素子:CMOSセンサー ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:116.8W×90.7H×69.4Dmm ●質量:約370g(本体のみ)
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS Kiss X7i
  • 発売日2013年4月下旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格79,800円/ボディー単体)
【SPEC】●有効画素数:約1800万画素 ●撮像素子:CMOSセンサー ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:133.1W×99.8H×78.8Dmm ●質量:約525g(本体のみ)

関連記事