HOME > ニュース > アップルがiPodの生産終了、20年以上の歴史に幕。「iPod touch」在庫限りで販売終了

「iPodの精神は生き続ける」

アップルがiPodの生産終了、20年以上の歴史に幕。「iPod touch」在庫限りで販売終了

2022/05/11 PHILE WEB編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルは、現在販売している「iPod touch」について、在庫限りで販売終了すると発表した。

iPodは2001年に初代モデルが発表され、当時は「1000曲がポケットに入る」ことをキャッチコピーにしていた。5GBという記憶容量も、当時としては非常に大きなものだった。

初代iPod

その後、iPod miniやiPod nanoなどのシリーズモデルも人気を博し、初代iPod touchは2007年に登場。以来、多少のブランクを挟みながらもモデルチェンジを繰り返し、現在まで販売を続けてきた。

iPod nano(第2世代モデル)

Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長であるグレッグ・ジョズウィアック氏は、「音楽は常にAppleの中核をなすものであり、iPodは音楽の発見、聴取、共有の方法を再定義した」としたうえで、「今日もiPodの精神は生き続けている」と説明。「アップルの全製品に素晴らしい音楽体験が統合されている」と語った。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック