A10 Fusionチップ搭載

新「iPod touch」 レビュー。4年ぶり進化の意味、その価値

編集部:風間雄介

前のページ 1 2 3 次のページ

2019年06月01日
アップル「iPod touch」の新モデル、第7世代機が、5月28日夜に突如発表された。以前から新モデルの登場は噂されていたが、それが現実になった格好だ。

前モデルの、iPod touch 第6世代機が登場したのは約4年前。その時も実機購入してレビューしたが、それからアップデートされていなかったわけで、ずいぶんと放っておかれた感がある。なぜいまアップルがiPod touchの新世代機を発表したのか。前世代機との比較も交えてレビューし、その意味を理解していきたい。

iPod touch(第7世代機)。価格は2万1800円から

まずは基本情報の整理をしていきたい。フラッシュメモリーの容量は32GBと128GB、256GBの3種類を用意。新たに256GBモデルが設定されたのがポイントだ。価格は32GBが2万1800円、128GBが3万2800円、256GBが4万3800円(いずれも税抜)となっている。

プロセッサーは「A10 Fusionチップ」で、これはiPhone 7に搭載されたものと同世代。これまでのiPod touch 第6世代機は、発売した2015年夏当時に最新だった、iPhone 6世代の「A8チップ」を搭載していた。それに対して今回は、かなり前の世代のチップを搭載していることになる。

ただし、そのぶん価格は引き下げられている。第6世代機の32GBモデルは、発売当初2万9800円だったが、今回は前述の通り2万1800円。旧世代のチップを使ってでも、なるべく販売価格を下げたかったということだろう。

3.5mm端子を搭載したアナログイヤホンを同梱する

外観は前世代機と同じ。4インチ画面が逆に新鮮

外観は第6世代機と同じ。並べて仔細に比べても見分けがつかないほどだ。本体サイズや質量も変わっていない。ちなみに本体の外形寸法は123.4×58.6×6.1mm、質量は88gだ。もちろん手に持った感覚も同じ。100gを大幅に下回る軽量さ、そして手のひらにすんなり馴染むスリムなボディは、2019年になった今も魅力的だ。

左が新しい第7世代モデル、右が第6世代モデル

底面にはLightning端子のほか、3.5mmイヤホン端子も備えている。iPhoneから3.5mmイヤホン端子が撤廃されて久しいこともあり「iOSデバイスにイヤホン端子がある」というだけで、なんだかとても有り難いことのように感じてしまうのだが、これは本来おかしな話だ。有線イヤホンやヘッドホンをお持ちの方はまだまだ多いだろう。iPod touchを久しぶりに使うと、むしろイヤホン端子がない現行iPhoneの不便さに改めて気づかされた。

右が新モデル、左が旧モデル。背面もほとんど違いがない。底部には3.5mmイヤホン端子を備える

画面のサイズもこれまでと変わらず、4インチの液晶を搭載している。画面解像度も同じだ。ふだん大型画面のスマホを使っている方であれば、4インチ画面の小ささを、逆に新鮮に感じるかもしれない。画質についても比べてみたが、特に変わった印象はなかった。

最新の人気ゲームもようやくプレイ可能に

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事