HOME > ニュース > FiiO、税込2,970円の有線イヤホン「JD3」。上位モデルのノウハウで“価格を超えた高音質”を提供

9.2mmダイナミックドライバーや特許技術などを搭載

FiiO、税込2,970円の有線イヤホン「JD3」。上位モデルのノウハウで“価格を超えた高音質”を提供

2022/02/10 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
エミライは、同社取り扱いブランドFiiOより、上位モデルで培ったノウハウを投入し、“価格を超えた高品位な音楽再生を提供する”という9.2mmダイナミックドライバー搭載イヤホン「JD3」を2月18日(金)に発売する。価格はオープンだが、税込2,970円前後での実売が予想される。

「JD3」

複合素材の振動板による9.2mm大口径ダイナミックドライバーを搭載。軽量かつ高い内部損失を持つ振動板や軽量なCCAW(銅被覆アルミ線)ボイスコイルなど、可動部分に使われる素材の軽量化を図ったことで高い過渡特性を獲得。また、強力な高磁束ネオジムマグネットでドライブすることにより、107dB/mWの高感度を実現し、クリアな中高域と深い低域を提供するとしている。

ハウジング内部では、吸音材をドライバーの直近に配置。これにより定在波を大幅に低減し、歪みのないクリアな音質を実現しているという。また、ハウジング外側には、セミオープン構造により耳内の気圧を最適化する特許技術「バランスド・プレッシャーリリーフ・システム」を搭載することで、大振幅に対しても歪みのない、自然で弾力ある低音を表現するとアピールしている。

特許技術「バランスド・プレッシャーリリーフ・システム」を搭載

プラグ部、コントローラー部、ケーブル分岐部など手が触れる箇所にはアルミニウム素材を使用。インラインコントローラーは、音楽の再生/一時停止、音量調整などの基本操作機能に加え、高性能マイクを内蔵するため、電話やオンラインミーティングといったシチュエーション下でも使用できる。

インラインコントローラーには高性能マイクが内蔵される

ステンレススチール素材による繋ぎ目のないユニボディー構造で、高い剛性による音質の向上と、耐久性の高さを兼ね揃える。また、フェイスプレート部分には赤と青の意匠が施され、左右のユニットを視覚的に識別できるほか、左側にはドットが配置されているため、触覚的にも判別可能だという。

周波数特性は10Hz〜40kHz、インピーダンスは16Ω(1KHz)、最大入力は100mW。ケーブル長は約120cm、質量は約19.3g。付属品として、シリコンイヤーチップを4サイズ(SS/S/M/L)を同梱する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック