ゲーミングモニターも

<CES>BenQ、“オープンワールドに没入できる”4K HDR対応ゲーミングプロジェクター「X3000i」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2022年01月06日
BenQは、米ラスベガスとオンラインで開催されている「CES 2022」にて、ゲーミングプロジェクター「X3000i」を発表した。価格や発売日は現時点で不明。

「X3000i」

4K HDRに対応するゲーミングプロジェクターで、16msの入力遅延に対応。DCI-P3を100%カバーする色域を備えており、 “オープンワールドに没入できる” モデルだとアピールする。また、強化されたダイナミックステレオスピーカーにより、オブジェクトベースのサウンド再生に対応する。

ほか、同社は合わせて4Kゲーミングプロジェクター「TK700」(1,499ドル)を発表。こちらは16msの入力遅延、3,200ANSIルーメンの明るさ、Rec.709 96%カバーの色域を備える。

また、モニターからは同社MOBIUZブランドの新製品「EX3410R」「EX3210U」が発表された。EX3410Rは1000Rのカーブを採用する34型の144Hz/WQHDモデル、EX3210Uは32型の120Hz/4Kモデルとなる。

「TK700」


「EX3410R」

「EX3210U」

関連記事