2021年のREGZAは「美肌」

東芝、4K液晶テレビ新フラグシップ「レグザ Z740XS」。ブランド15周年の特別仕様

編集部:松永達矢
2021年02月18日
東芝映像ソリューションは、ブランド15周年を記念したスペシャルモデルの第一弾として、タイムシフトマシン搭載の4Kテレビ液晶モデル“REGZA”「Z740XSシリーズ」を3月5日(金)より順次発売する。65型/55型/50型の3サイズ展開で、各サイズの発売日と税抜の予想実売価格は下記の通り。

REGZA「Z740XSシリーズ」

・65Z740XS(65型)280,000円前後 3月5日発売
・55Z740XS(55型)210,000円前後 3月5日発売
・50Z740XS(50型)未定      4月発売予定

「Z740XSシリーズ」は4Kテレビ液晶モデルレグザの新たな最上位機と位置づけており、昨年2月に発売された「740Xシリーズ」で実装された機能のバージョンアップと、「ナチュラル美肌トーン」、「おすすめ番組」などの新機能を備えている。なお、モデル名末尾に配された「S」は、ブランド15周年に際した「Special Edition」という意味を持たせているとのこと。今後の展開で15周年ロゴの露出や、販売店とのキャンペーンも予定しているという。

■ナチュラル美肌トーン
ドラマの視聴を通じての感動、ライヴ・コンサートも視聴を通じ、リビングがライヴ会場になるような感動を呼び起こすことを目標として本機を開発。その中で、ドラマを最高画質で楽しむ上で、画面上で表現される演者の「肌」に着目して実装された機能が「ナチュラル美肌トーン」である。

「ナチュラル美肌トーン」

撮影環境や視聴環境の影響を受けて不自然に感じる人肌を補正するものとなっており、リアルタイムに人肌を検出、立体感や質感を向上させることで、自然で美しい表情を描画するものとなっている。従来機に搭載されていた「美肌リアライザー」では、主に白飛びや黒つぶれなどガンマ軸の改善と超解像度技術による精細感向上に努めてきていたが、今回はカラーシフトに注力。緑被りや赤っぽくなる部分を補正する方向で仕上げているとしている。

開発に関わる住吉氏は、「レグザエンジンCloud PRO」のデータ作成の過程で多くの作品視聴する中、シーン単位で見え方の異なる肌色の違和感に着目。作品撮影時の照明環境や、視聴者の照明環境に依存する肌の見え方が、記憶色から外れてしまう肌色になる場合に補正をすることで、ドラマの没入を高めるものと本機能について説明している。

■おすすめ番組
「おすすめ録画リスト」を進化させた機能となっており、「Z740XSシリーズ」ではリモコンにダイレクトボタンを設置。定額動画配信サイトのようなUIで、サムネイル表示から地デジのキャッシュした番組にアクセスできるようにしたもの。

定額動画配信サービスのUIのような直感的操作が行える「おすすめ番組」

前身機能である「おすすめ録画リスト」を備えた従来機にでは、自動録画および、自身で録画選択した番組のみリストインされていたが、「タイムシフトマシン」を搭載した「Z740XSシリーズ」は、あらかじめ、ユーザーが気になるジャンルを選択することで、同ジャンルの番組全てを直感的に選択する事が可能となっている。

■重低音バズーカオーディオシステムPROII
「自宅でライヴ会場を体感」をコンセプトとする音質面では、25mmシルクドームトゥイーターと大型バスレフボックスによる“クライアダイレクト2ウェイスピーカー”と、振動板にセルロースナノファイバーコーティングを施したダブルウーファー、そして対向配置した、パッシブラジエーターによる“クワッドパッシブ重低音バズーカウーファー“の搭載を前身機種からそのままに、各スピーカーユニットのクロス特性を急峻化。これにより、帯域被りを極力低減させるとともに音の濁りを解消している。

「重低音バズーカオーディオシステムPROII」

また、スピーカーグリルの使用部材をスピーカーシートからパンチングメタルへ変更することで、剛性を獲得。振動を抑制するとともに、開口率を向上。付帯音も無くなりクリアなサウンドを実現することができるものとアピールする。

そのほか、強化された機能として「おまかせAIピクチャーII」。これは、室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調節するものとなっており、睡眠導入を妨げるといわれているブルーライトを夜の視聴環境下で従来比約40%カットを実現。夜間の快適なテレビ視聴を補助するものと説明。

「おまかせAIピクチャーII」

従来機ではカバーできていなかった、室内照明と再生コンテンツに応じた色温度設定をより強化。色温度を下げる事で相対的にブルーライトの成分も落ちるとのことで、電球色下や、映画再生時の色温度設定の見直しを図り、ブルーライト軽減率の増加に大きく寄与している。

「地デジAIビューティPROII」および「ネット動画ビューティPROII」では、本機より採用の「ナチュラル美肌トーン」が採用されているほか「地デジ〜」では、クラウドデータを進化させていくことで、高画質化に貢献。2月10日にリリースされているバージョンでは、詳細ジャンルが28、対応番組が281本となっており、地デジに関しては、ほとんどすべての番組でなんらかの補正が効いていると、開発担当の住吉氏は説明する。これにくわえ、従来は地デジメインであったが、BS/BS4Kも含めて同機能でのカバーレンジをかなり広げているという。

「ネット動画ビューティーPROU」

「地デジAIビューティPROU」

前身の「740Xシリーズ」同様に「VA倍速パネル」と「全面直下LED」を採用しているが、これに用いられるLED素子のクオリティが上がっているため、輝度が10%ほど上昇。これを受け、バックライトポテンシャルを輝度では無く、階調性に振ることが可能となり「美肌」等の各機能の拡充に当てられたとのこと。

なお、HDMI2.1には、自動低レイテンシーモード(Auto Low Latency Mode=ALLM)にのみ対応するが、接続されているゲーム機器を検知して最適な画質を選択するゲーム機器連動機能を実装している。

発売にあわせキャッシュバックキャンペーンを展開

また、本品の発売に合わせ、2月期発売の65型/55型モデルの購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンを展開。本日2月18日(木)から4月5日(月)の期間内に「65Z740XS」ならびに、「55Z740XS」を購入し、レグザ会員サイトにて必要事項を記入の上、申し込むことで10,000円(普通為替証書)のキャッシュバックが行われるものとなっている。応募期間は3月5日(金)〜4月26日(月)の23:59までとなっている。

関連記事