55/50/43型の3サイズ

東芝、ネット動画も快適視聴できる4Kテレビ「レグザC350X」。55型でも約10万円

編集部:小野佳希
2020年10月29日
東芝映像ソリューションは、高速グラフィック処理が可能だという映像処理エンジン「レグザエンジンPower Drive」によってネット動画サービスを快適に操作できるようにした4K液晶テレビ “REGZA(レグザ)”「C350Xシリーズ」を11月13日に発売する。55型の「55C350X」(予想実売価格 税抜10万円前後)、50型の「50C350X」(予想実売価格 税抜9万円前後)、43型の「43C350X」(予想実売価格 税抜8万円前後)の3サイズをラインナップする。

C350Xシリーズ

テレビチューナーは新4K衛星放送(BS4K/110度CS4K)チューナーを1基、地デジ/BS/110度CSチューナーを2基搭載し、USB-HDD録画にも対応。上位機「M540X」などが4Kダブルチューナー/2Kトリプルチューナーであるのに対し、本機は搭載チューナー数を抑えることでも低価格化を実現した4Kエントリーモデルということになる。HDRはHDR10とHLGに対応している。

ネット動画視聴機能にこだわった2Kモデル “プライベートスマート液晶レグザ” 「V34シリーズ」のネット動画視聴性能を、4Kモデルでも実装。各種ネット動画サービスが快適に操作できる高速動作を実現したほか、リモコンには各種ネット動画サービスをダイレクトに呼び出せるボタンを搭載するなどしている。

前述のように映像処理エンジンには「レグザエンジンPower Drive」を搭載。V34シリーズにも搭載しているものだが、実は今回のC350Xシリーズを念頭に開発していたエンジンを先行してV34シリーズに搭載していた。同エンジンによって高速グラフィック処理を実現し、動画配信サービスのメニューを軽快に操作することが可能になったとアピールしている。

映像処理エンジン「レグザエンジンPower Drive」

また、リモコンには動画配信サービスにダイレクトにアクセスできるダイレクトボタンを配置。ボタンを押すだけで、ABEMA、Netflix、hulu、U-NEXT、Youtube、Amazon Prime Videoをすぐに起動できる。

リモコン下部に各動画サービスのダイレクト起動ボタンを装備

なお、ダイレクトボタンを搭載しているもの以外のネット動画配信サービスにも対応。dTV、TSUTAYA TV、DMM.com、DAZN 、Paravi、スカパー!オンデマンド、Rakuten TVと上記6サービスを合わせた計13サービスに対応している。

ネット動画を、さまざまな高画質処理で精細感をアップさせノイズを低減させるという機能「ネット動画ビューティLE」も搭載。なお、“LE” は “ライトエディション” の意味で、フラグシップ有機ELモデル「X9400」などに搭載する「ネット動画ビューティPRO」では各ネット動画サービスごとに最適化させた調整パラメータデータを持たせているが、今回はそれらは省いている。ただし、今回の “LE” でもコンテンツの解像度別やエンコード種類などを判別して最適な処理を施すようになっている。

「ネット動画ビューティLE」の効果イメージ

テレビ番組視聴においては、「おすすめドラマ」「ゴルフ」「話題の番組」など気になるジャンルやお気に入りのタレントを登録すると、そのテーマに基づいた番組が自動で録画される「おまかせ録画」機能も搭載。リモコンの「おまかせ録画」ボタンを押すと「おすすめ録画リスト」を簡単に呼び出すことができる。「おすすめ録画リスト」では、録画番組がジャンルやタレントごとにサムネイル付きで表示され、見たい番組をすぐに探すことができるとしている。

本機自体には全録機能は搭載しないが、同社製全録BDレコーダー「レグザタイムシフトマシン」や全録HDDレコーダー「タイムシフトマシンハードディスク」と連携できる「タイムシフトリンク」に対応。リモコンのタイムシフトリンクボタンを押すことで、「始めにジャンプ」「過去番組表」「ざんまいスマートアクセス」といった、全録に関する各種機能を利用できる。

映像エンジン「レグザエンジン Power Drive」は高画質化にも寄与。高度なダイナミックガンマ制御によって高コントラストな映像を実現するとともに、36色軸カラーイメージコントロールにより自然な色合いを再現するとしている。

また、時間帯による室内の明るさの違いや照明の色温度などの視聴環境に合わせて輝度や精細感を自動調整する「おまかせオートピクチャー」も搭載。そのほか、4K放送の本来の美しさを再現するという「4KビューティX」や、地デジのノイズを抑える「地デジビューティX」、表示遅延時間約0.83msecを実現した「瞬速ゲームモード」も搭載している。

音声面では、「レグザパワーオーディオ」を搭載。バスレフ型フルレンジスピーカーとデジタルサウンドプロセッサーによって、低音から高音までバランスの良い迫力のあるサウンドを再現するとともに、自然な音像定位と臨場感を実現したとアピールしている。

関連リンク

関連記事