フルHDや4Kも超解像で8K相当に

シャープ、業界最大120型8Kディスプレイ。税抜1450万円前後

編集部:小野佳希
2020年09月09日
シャープは、業界最大クラスの120型8Kディスプレイ「8M-B120C」を発表。9月下旬より受注生産を行う。オープン価格だが税抜1,450万円前後での実売が予想される。

8M-B120C

テレビチューナーを搭載しない業務用ディスプレイで、8K液晶パネルを搭載したディスプレイにおいて業界最大となる120型というサイズを実現。店舗やショールームなどの商業施設におけるデジタルサイネージ、オフィスでの設計図やデザインレビュー、絵画や彫刻などの美術品のデジタル展示や、パブリックビューイング用ディスプレイといった用途を想定している。「横2,657.2mm×縦1,494.7mmの大画面に、素材の質感から風景の奥行き感までリアルに映し出す」とアピールしている。

利用イメージ

液晶テレビ「AQUOS 8K」の開発で培った超解像技術を搭載。フルHDや4K解像度の映像を8K相当の情報量に高精細化して表示する。そのほか、HDRにも対応し、HDR10とHLGをサポートしている。

また、HDMI 2.1で規定された8K映像入力に対応。8K 60p/4K 120p映像を出力する機器とHDMIケーブル1本で接続できる。HDMIケーブルを4本使用し、1系統の8K映像を表示する従来の方式にも対応している。

直下型バックライトを採用し、輝度(標準値)は600カンデラ、コントラスト比(標準値)が3,500:1。なお、輝度は入力モードや映像調整の設定や使用する電源などにより変わり、一例として100V使用時は260カンデラとなる。

関連リンク

関連記事