価格は従来から据え置き

マルチchスピーカー内蔵の球体イス「チェアースピーカー」、SW駆動用アンプ搭載の新仕様に

編集部:小野佳希
2020年06月10日
オーディオハートは、球体のドームにサラウンドスピーカーを埋め込んだ“チェアースピーカー”「VRS-1」「VRS-2」について、サブウーファー駆動用のステレオアンプを標準装備した新仕様へと変更。新仕様版の展開を開始している。

チェアースピーカー

価格は従来から変更なく、11.2chの上位機「VRS-1」が98万円、7.2chモデル「VRS-2」が68万円(いずれも税抜)。なお、新モデルではなく仕様変更という扱いで、型番変更などは行われない。

従来はスピーカー駆動用にAVアンプのほかにステレオアンプも必要だったが、今回の仕様変更によってAVアンプの用意だけで済むようになった。これによって「よりお求めやすくなった」と同社はアピールしている。

「VRS-1」は前述の通り11.2chモデルで、ヘッドレスト、カップトレイ、高さ調整リングも装備。「VRS-2」は7.2chモデルで、ヘッドレスト、カップトレイ、高さ調整リングは別売オプション扱いとなる。

関連リンク

関連記事