スタンダードモデル「U7F」も

ハイセンス、新映像エンジン「NEOエンジンplus 2020」搭載4K液晶テレビ「U8F」。アンバサダーに綾野剛を起用

編集部:押野 由宇
2020年04月27日
ハイセンスジャパンは、BS/CS 4Kチューナー内蔵液晶テレビ「U8F」シリーズ、「U7F」シリーズを5月下旬より順次発売する。以下、価格はすべてオープンの予想実売税抜価格。

<U8Fシリーズ>
・「75U8F」230,000円前後 6月下旬発売予定
・「65U8F」180,000円前後 5月下旬発売予定
・「55U8F」150,000円前後 5月下旬発売予定
・「50U8F」130,000円前後 今秋発売予定

「U8F」シリーズ

<U7Fシリーズ>
・「65U7F」140,000円前後 5月下旬発売予定
・「55U7F」100,000円前後 5月下旬発売予定
・「50U7F」90,000円前後 5月下旬発売予定
・「43U7F」80,000円前後 5月下旬発売予定

「U7F」シリーズ

新エンジン「NEOエンジンplus 2020」搭載の「U8F」シリーズ

映像エンジンに東芝映像ソリューションとの共同開発で生まれたAIテクノロジー使用の「NEOエンジンplus 2020」を搭載する4K液晶テレビ。同社がラインナップする「U7E」の後継機種として位置づけられる。

「U8F」シリーズには「NEOエンジンplus 2020」を搭載

U7Eでは65型、55型の2サイズ展開だったが、U8Fではそれに75型、50型を追加しサイズを拡充させた。チューナーにはBS 4K・110度CS 4K×1、地上・BS・110度CSチューナー×3を内蔵。HDRはHDR10、HLGに対応する。

高画質機能として、シーンごとに適した超解像処理を実施してノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現する「AIシーン別超解像処理」や、AIが動きの少ないシーン、動きの激しいシーン、それぞれに適切なフレームを参照してノイズリダクションを実施する「AIモーション別超解像処理」を採用する。

また、3段階の超解像処理により、地デジを4K画質にアップコンバート。ノイズの少ない、自然で高精細な映像が楽しめるとしている。ほか、白とびや黒つぶれしている部分に対してエッジや色彩を分析、つぶれる前の状態を再現する「エリア別適正露出復元」や、星や照明、ハイライトなどを抽出して明るさを引き上げることできらめきを表現する「輝き復元」、フレーム感に補間されたフレームを生成してなめらかな映像を実現する「SMR960」といった機能を搭載する。

ローカルディミングはU7Fから「ローカルディミングplus」へと進化させ、直下型LEDバックライトをエリアごとに分割して制御することで、高コントラストで発色豊かな映像を実現。またボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、特にFPSや格闘ゲームなどに最適とする「ゲームモードplus」機能も備える。

「ローカルディミングplus」

本体デザインはセーリング(帆走)をイメージ。ベゼルで囲むベゼルレスではなく、ベゼルの前にパネルを配置する “ノンベゼル” デザインを採用(50U8Fを除く)することで、映像の実在感を向上。またアンダーフレームは山形に斜角をもたせることで、視覚上薄く見えるように配慮した。

「75U8F」はデザインが異なる

スピーカーはフロントスピーカーを搭載(75U8Fを除く)。サランネットによりデザイン性を高めている。サウンド面では音響補正技術「Eilex Prism」を採用することで高音質実現を目指した。

使い勝手においては、独自プラットフォーム「VIDAA」を3.0へとバージョンアップ。ホーム画面の情報量を増やし、より直感的な操作が行えるようにした。VODサービスではAmazonプライム・ビデオやABEMAにも対応。リモコンも新デザインとしている。

「VIDAA」は最新の3.0に

「NEOエンジン2020」搭載で機能を厳選した「U7F」シリーズ

U7Fは同社「E8000」の後継機種となる4K液晶テレビ。65型/55型/50型/43型の4サイズ展開で、HDR10およびHLGに対応。チューナーはBS 4K・110度CS 4K×1、地上・BS・110度CSチューナー×3を搭載する。

映像エンジンには「NEOエンジン2020」を搭載。映像を複数のエリアに分けて解析する「エリア別高精細復元」機能や、映像のエッジ部や平坦部を識別しノイズの種類に合わせて処理する「高精細ノイズ処理」機能など、信号の処理制度を向上させることで、映像の美しさに直結する階調表現力と微小信号の再現性を高め、地デジ・BS/CS 4K放送まで、よりなめらかかつ精細に美しく表現するとしている。

「U7F」に搭載する映像エンジンは「NEOエンジン2020」

またパネルにはVAパネルを採用しているが、映像設定で「ワイドビューアングル」を選択することで、テレビの視野角を広げることが可能。テレビを正面から見ることができない場所でも視聴できることを特徴としている。

バックライトと液晶パネルの間に挟んだバックライトブーストフィルムにより輝度を引き上げる仕様や、DCI-P3カバー率90%以上といった色域などはE6800から踏襲した。加えて、最小遅延が約0.83ms(パネルによる遅延を除く)となる「低遅延ゲームモード」を搭載。HDMI 2560×1440 60p出力のPCゲームに対応する。

「バックライトブーストフィルム」を採用

デザインはU8Fと同じくセーリングをコンセプトとしている。U7Fはベゼルレスデザインを採用。「VIDAA 3.0」や新デザインのリモコンなどはU8Fと共通の進化点となっている。

「U8F」「U7F」ともにリモコンのデザインも一新

ブランドアンバサダーに綾野剛を起用

ハイセンスジャパンは2020年に設立10周年を迎える。オンラインでの発表会において、同社代表取締役社長の李 文麗氏は、「今後はさらに顧客中心の製品開発を行い、高いレベルのサービスを提供していく。ますます愛されるブランドになれるようチャレンジをしていく」と表明した。

2019年のテレビ販売台数シェアは8%強に到達。2020年のシェア目標は12%として、「日本のテレビ業界にハイセンステレビの確固たるポジションを獲得していきたい」と同社は意気込む。

主要な戦略として、ラインナップの強化と大画面化、顧客満足度向上、マーケティング強化を挙げる。ラインナップの強化としてはU8F、U7Fがまずその第一弾となる。大画面化は2019年の50インチ以上の比率が48%だったことに対し、2020年は60%まで拡大させることを狙う。NEOエンジン搭載モデルも、2019年の40%から55%までアップさせていく。

また、品質部を新設することで、不良率0%を目指す。各国のサービス部から情報を品質部に集約することで、日本で未発生の問題であっても未然に防いでいくとする。サービス体制も強化。サービスセンターを増設して、より迅速な対応を行えるようにするほか、コールセンターも365日受け付ける。

マーケティング強化においては、「switch your sense」をコンセプトに展開。その取り組みの1つとして、ブランドアンバサダーとして俳優の綾野剛を起用する。2020年6月7日より綾野剛出演のテレビCMをスタート。本人からは以下のコメントが寄せられている。

ブランドアンバサダーに綾野剛を起用

「ハイセンスはグローバルですよね。ハイセンスジャパンの記念すべき10年目に日本で初めて作られるCMに出演するということに、とても興奮していますし、身が引き締まる思いです。CMでは、いままでのテレビ選びの当たり前が変わっていく、これからのグローバル時代に、大画面という新しい選択基準を持っていこうというメッセージを打ち出しています。僕自身も常に変化を楽しみ、新しいスタンダードを世の中に打ち出していくという気持ちを改めて高めさせていただいた、そんな感じがしています。ぜひ、ハイセンスと一緒に革命を起こしていきたいと思っています」

綾野剛出演のテレビCM

テレビCMのほか、インターネットやYouTube広告、ホームページ、SNS、販売キャンペーンなどマルチ展開を行っていく。

また、発売を記念し、4月27日から5月10日に公式Twitter内で、新製品「65U8F」または、綾野剛のサイン入りポスターが抽選で当たる「新製品発表記念キャンペーン」を実施する。

関連記事