グループ限定モデル

ビックカメラ最安のハイセンス製4Kチューナー内蔵液晶テレビ。55型で約10.8万円、65型で約13.8万円

編集部:押野 由宇
2019年05月13日
ビックカメラグループは、ハイセンスブランドのBS・CS 4Kチューナー内蔵4K液晶テレビ「E6100シリーズ」(65/55型)を、5月21日よりビックカメラグループ限定販売する。また、限定カラーとなる「E6500シリーズ」(50/43型)も5月21日より販売する。予約はともに5月17日より受付開始。

・「65E6100」 138,000円(税抜)
・「55E6100」 108,000円(税抜)
・「50E6500」  99,800円(税抜)
・「43E6500」  89,800円(税抜)

「65E6100」

「E6100シリーズ」は、ビックカメラグループの限定モデルとして登場するハイセンスの4Kチューナー内蔵液晶テレビ。基本スペックは本日発表された「E6800」(関連ニュース)と同様に高画質エンジン “NEOエンジン” を搭載しており、色鮮やかで臨場感ある高画質や明るいコントラストで目を見張るような映像美が楽しめるとしている。

「E6800」

BS/CS 4Kチューナーを1基内蔵するとともに、地上デジタル/BSデジタル/110°CSデジタルでそれぞれ3チューナーを搭載。HDRはHDR 10およびHLGに対応する。

E6800との違いは、現時点でのディスプレイサイズのラインナップと(E6800は50型/43型)、65型にはVAパネルではなくIPSパネルを採用している点、またスタンドの形状が異なることが挙げられる。

なお、本モデルはビックカメラグループが取り扱う65型および55型のBS・CS 4Kチューナー内蔵液晶テレビとして、5月13日時点での最安値モデルとなる。

またE6500シリーズは、E6800シリーズのビックカメラグループ限定カラー(シルバー)モデルとなる。こちらもE6800とはスタンドの形状が異なっている。

50E6500

関連記事