ポタフェスで世界初公開モデルの価格と発売日が決定

JH Audio、12BA搭載ユニバーサルIEM「Roxanne AION」を3月20日発売。約30万円

編集部:杉山康介
2020年03月13日
アユートは、同社が取り扱うJH Audioの最新ユニバーサルIEM「Roxanne AION」を、3月20日より発売する。価格はオープンだが、直販価格は299,980円(税込)となる。


同ブランドが2019年に発売した「Layla AION」に次ぐ“AIONシリーズ”第2弾となる、12BAドライバー搭載IEM「Roxanne」の最新モデル。「ポタフェス2019 冬」で世界初公開されていたが、今回正式な発売日と価格が決定したかたち。

筐体は、数百層の圧縮したカーボンファイバーに樹脂を注入し、機械加工と二次的な手成形プロセスを経てエルゴノミックデザインで成形。カスタムIEMに肉薄するフィット感と安定感、遮音性を実現するという。

数百層のカーボンファイバーからハウジングを形成。内部は3Dプリンターで成形され、ドライバーが最適に配置されるという

内部のチェンバールームを3Dプリントで成形し、各ドライバーを最適に配置することで内部容積を削減する「Sonic Tube Chassis(ソニック・チューブ・シャーシ)テクノロジー」を採用。独自の位相制御技術である「freqphaseテクノロジー」の実装により、音質を損わずに小型のシェル設計を可能にしているとのこと。

旧モデル同様、独自のミニクワッドドライバー構成「soundrIVeテクノロジー」により、片側に高域×4、中域×4、低域×4の12BAを搭載。再生周波数帯域は10Hz-23kHzで、入力感度は119dB@1mW、インピーダンスは15Ωとなる。

コネクターはLayla AIONと同じ、ドイツ製ミリタリーグレードのロック機構付きイリジウム7pinコネクターを搭載する。挿入方向が定まらないと押し込めないため接続時の予期せぬ事故を防ぎ、また搭載するOリングがパッキンの役目を果たすことで、汗などの侵入を防ぐとしている。

7pinコネクターを搭載

ケーブルには「Variable bass」機構も

ケーブルは「これまで採用されたケーブルの中でも最も強靭で軽量、耐久性が高い」という、4N銀メッキ高純度OFCケーブルを採用。10Hz - 100Hzの低域調整用の「Variable bass」機能も搭載する。

オリジナルのアルミフリップトップキャリングケースが付属する

関連リンク

関連記事