アユート7周年記念の数量限定モデル

JH Audio、人気カスタムIEMのユニバーサルイヤホン「JH11 PRO」「JH10X3 PRO」Universal Limited

編集部:川田菜月
2020年08月28日
アユートは、同社および同社直販サイト「アキハバラ市場」の7周年を記念して、Jerry Harvey Audioと共同企画したユニバーサルイヤホン『JH11 PRO Universal Limited』『JH10X3 PRO Universal Limited』を9月4日から発売する。いずれも数量限定で、取り扱いは「アキハバラ市場」のみ。価格はJH11 PRO Universal Limitedが99,000円(税込)、JH10X3 PRO Universal Limitedが77,000円(税込)。

『JH11 PRO Universal Limited』

『JH10X3 PRO Universal Limited』

Jerry Harvey Audio(JH Audio)とコラボレーションした日本限定イヤホンで、ベースには通常カスタムIEMでのみラインナップしている人気モデル「JH11 PRO」と「JH10X3 PRO」を採用。それらを元に3Dプリンターを用いてユニバーサルフィットIEMとしてリファインし、スペシャルデザインを施したとのこと。

独自開発のBAドライバーを搭載しており、『JH11 PRO Universal Limited』は片側に4基(低域×2/中域×1/高域×1)、『JH10X3 PRO Universal Limited』は片側に3基(低域×1/中域×1/高域×1)搭載し、3wayクロスオーバーで処理する。

また独自の位相制御技術である「freqphase(フリークフェーズ)テクノロジー」を採用。多数のドライバー構成での時間軸と各帯域の位相を正確に制御するもので、全ての周波数における正確なフェーズとタイムアライメントを実現し、正確な音楽再生を可能にするとのこと。

ノズル部分には「Acoustic Sound Chamber(アコースティック・サウンド・チャンバー)テクノロジー」を採用。先端部には凹型のチューブシステムを用いて導管に汗や異物が入り込むことを防止している。

いずれもコネクターにはIEM 2pinを採用し、正確な伝送が可能とする4N銀メッキ高純度OFCを用いたJH Audioの新しいIEM純正ケーブルを付属。強靭で軽量、また耐久性も高く、癖がつきにくく取り回しやすい点も特徴とのこと。プレーヤー側は3.5mm 3極プラグを装備する。

JH Audioの新しいIEM純正ケーブルを付属

ほか付属品には、シリコンイヤーピースおよびフォームイヤーピースをそれぞれS/M/Lサイズと、アルミニウム製キャリングケースを同梱する。

周波数特性はJH11 PRO Universal Limitedが10Hz - 17kHz、JH10X3 PRO Universal Limitedが20Hz - 17kHz。入力感度/インピーダンスは2モデル共通で、119dB@1mW/18Ωとなる。

関連記事