夜間撮影にも強い明るいレンズを搭載

オウルテック、“ミスターGT”脇阪寿一氏プロデュースの2カメラドラレコ「OWL-DR802G-2C」

編集部:成藤 正宣
2020年01月21日
オウルテックは、プロレーシングドライバー/レーシングチーム監督の脇阪寿一氏とコラボした2カメラ式ドライブレコーダー「OWL-DR802G-2C」を、本日1月21日より発売する。オープン価格だが、市場では税抜24,500円前後での実売が想定される。

「OWL-DR802G-2C」(フロントカメラ/リアカメラ)

“ミスターGT” のニックネームを持つ脇阪寿一氏プロデュースの下で開発されたドライブレコーダーで、前後共にF1.8の明るいレンズを採用し、夜間でも鮮明な映像を残すことができるというモデル。

フロントカメラは1,920×1,080のフルHD解像度/200万画素で、画角は135度。逆光でも黒つぶれの少ない撮影が可能なWDR機能も搭載する。リアカメラは1,280×720のHD解像度/100万画素で、画角は120度。フロントカメラとの接続には、ワンボックス車などの大型車でも配線が容易に行えるように8mの長尺ケーブルを採用する。

フロントカメラ背面

衛星測位システム「みちびき」に対応し、GPSと連携して位置情報/日付時間も残すことが可能。記録メディアはmicroSDカードで、容量は128GBまで対応。記録フォーマットはH.264 MOVを採用する。給電端子はmicroUSBを採用し、4mのシガープラグコードが付属する。

関連リンク

関連記事