2020年カーオーディオ新ラインナップ3モデル

JVC、Alexa搭載で音声操作に対応する車載用レシーバー「DPX-U750BT」。最大96kHz/24bitのFLAC再生が可能

編集部:杉山康介
2020年01月10日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのカーオーディオ2020年新ラインナップとして、Amazon Alexa搭載のCD/USB/iPod/Bluetooth対応2DINレシーバー「DPX-U750BT」、1DINレシーバー「U381BT」「U341BT」の計3モデルを1月下旬より発売する。価格はオープンだが、それぞれDPX-U750BTが税抜19,800円、U381BTが税抜15,800円、U341BTが税抜13,800円での実売が予想される。

DPX-U750BT

Bluetooth機能に加えて、新たにAmazon Alexaを搭載し、音声操作にも対応した車載用オーディオレシーバー。専用ボタンにタッチしてAlexaに話しかけることで、スマートフォンと連携した音楽のストリーミング再生やニュース、天気予報などの情報確認ができる。

BluetoothはVer.4.2に準拠し、AACの再生に対応。接続したスマホのハンズフリー通話も可能で、音楽再生中でもワンプッシュで通話ができるハンズフリー専用「ハンズフリーボタン」や、「発着信履歴表示」「連絡先プリセット(6件)」などの機能も搭載する。

USB接続ではMP3/WMA/AAC/WAV/FLACの音楽再生に対応。よりクリアなサウンドを楽しめるという24bit DACを搭載し、FLACは最大96kHz/24bitのハイレゾ音源も再生可能となっている。また、「APP & iPod用コントロールハンドモード」を搭載しており、iPodインターフェースケーブルでiPhoneやiPodと接続することで、本機とiPhone/iPodの両方で音楽再生や選曲のコントロールも可能。ストリーミングサービスのSpotifyにも対応する。

他にも座席に合わせて各スピーカーの距離とレベルを設定できるデジタルタイムアライメント調整機能や、13バンド8パターンイコライザー、ボリュームオフセット機能、周波数を上げてロードノイズの影響を軽減するドライブイコライザーなど、様々なオーディオコントロール機能も搭載している。

DPX-U750BTは2DINのモデルで、大型LCDの搭載により「8桁・13桁・8桁」の3行表示が可能。また1,000色のカラー調整が可能なバリアブルカラー表示機能を搭載し、車内を鮮やかに演出するという。外径寸法は約178W×100H×156Dmmで、質量は約1.3kg。パネルデザインに調和する専用デザインの「200mmエスカッション」を同梱する。

U381BTとU341BTは1DINのモデルで、13桁/1.5行表示が可能。うちU381BTは1,000色のバリアブルカラー表示機能を搭載する。外径寸法/質量は共通で約178W×50H×155.5Dmm/約1.1kg。

U381BT

U341BT

関連記事