完全ワイヤレス4機種とBTヘッドホンを発表

<CES>クリプシュ、“世界一小さい”ノイキャン完全ワイヤレスイヤホン「T10」など新作披露

編集部:平山洸太
2020年01月09日
米ラスベガスで開催中の「CES 2020」に出展するクリプシュのブースでは、2020年の夏から秋にかけて発売する完全ワイヤレスイヤホンなどの新製品が披露された。

・「T10 TRUE WIRELESS SMART EARPHONES」649ドル/9月発売
・「T5 TRUE WIRELESS ACTIVE NOISE CANCELING SMART EARPHONES」299ドル/9月発売
・「T5 TRUE WIRELESS SPORT EARPHONES」229ドル/7月発売
・「T5 TRUE WIRELESS II EARPHONES」199ドル/7月発売
・「KLIPSCH OVER-EAR ACTIVE NOISE CANCELING HEADPHONES」399ドル/9月発売

T10 TRUE WIRELESS SMART EARPHONESは、世界で一番小さく軽いスマートイヤホンとアピールするモデル。小型のBAドライバーを搭載し、明瞭さを実現したとのこと。2つのマイクによるアクティブノイズキャンセリング機能も備える。

「T10 TRUE WIRELESS SMART EARPHONES」(マクラーレンモデル)

充電ケース

T5 TRUE WIRELESS ACTIVE NOISE CANCELING SMART EARPHONESは、2つのマイクによるアクティブノイズキャンセリング機能、および外音取り込み機能を備えたモデル。アンテナの最適化によりシームレスなBluetooth接続を実現したとのこと。イヤホン単体で6時間、ケースとの併用で18時間(ANC使用時)の使用が可能。充電端子にはUSB-Cを採用し、Qiによるワイヤレス充電にも対応する。

「T5 TRUE WIRELESS ACTIVE NOISE CANCELING SMART EARPHONES」

T5 TRUE WIRELESS SPORT EARPHONESは、ケース・イヤホンともに、頑丈かつIP67相当の防水防塵に対応する完全ワイヤレスイヤホン。再利用可能な水分除去システムにより、清潔で乾燥した状態を保つとのこと。外音取り込み機能も備えるほか、信号増強アンテナによりBluetooth接続性能を高めている。イヤホン単体で8時間、ケースとの併用で24時間の使用が可能。充電端子はUSB-Cで、Qiワイヤレス充電に対応する。

「T5 TRUE WIRELESS SPORT EARPHONES」

3色をラインナップする

T5 TRUE WIRELESS II EARPHONESは、エルゴノミックデザインを採用し、ノズルが耳にぴったりフィットするというベーシックモデル。上位モデル同様に外音取り込み機能や信号増強アンテナを搭載している。イヤホンはIP67の防水防塵性能を備え、イヤホン単体で8時間、ケースとの併用で24時間の使用が可能。充電端子にはUSB-Cを採用する。

「T5 TRUE WIRELESS II EARPHONES」

2色をランナップする

KLIPSCH OVER-EAR ACTIVE NOISE CANCELING HEADPHONESは、ハイブリッド・アクティブノイズキャンセリング機能に対応するBluetoothヘッドホン。外音取り込みにも対応し、長時間使用もできるよう軽量設計となっている。Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはSBC、AAC、aptX HDに対応。1度の充電で30時間以上の使用が可能となっており、充電端子にはUSB-Cを採用する。

「KLIPSCH OVER-EAR ACTIVE NOISE CANCELING HEADPHONES」

また、同ブースではマクラーレンとのコラボモデルを展示。チームの特色であるオレンジと黒のデザインを採用するほか、レーシングカーも展示されるなど目を引いていた。

マクラーレンモデルのT5 TRUE WIRELESS SPORT EARPHONES

レーシングカーでコラボモデルをアピール

関連記事