トークイベントに登壇

<CES>Appleが28年ぶりにカムバック。Facebookと個人情報への取り組みを語り合う

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2020年01月08日
米国ラスベガスに世界中の様々な企業が集う「CES 2020」が開幕。1992年以来長らくCESに出展していないAppleが今回、28年ぶりに参加した。

CESにAppleが28年ぶりにカムバック

…とは言っても、ブースの出展ではなくトークイベントへの登壇という形でのカムバック。FacebookとAppleがユーザーの個人情報にどう向き合っているかを語る「Chief Privacy Officer Roundtable: What Do Consumers Want?」イベントに、AppleからはSenior Director, Global Privacyを務めるJane Horvath氏が参加。FacebookのVP, Public Policy and Chief Privacy Officer for PolicyであるErin Egan氏やモデレーターらとトークショーを繰り広げた。

Jane Horvath氏

昨年末に本イベントへの参加が明らかになった時点で日本の各ウェブメディアでも話題になったが、それは海外でも同様だったようだ。会場には多くのメディアが詰めかけ、立ち見も出るほどの盛況ぶり。AppleのJane氏が話すたびに多くのカメラが向けられたことから、参加者の多くがApple目当てだったと思われる(これを書いている記者もそのひとりだが)。

会場は立ち見が出る盛況ぶり

Jane氏は、ユーザーのプライバシー処理のための専門チームを抱えていることなど、Appleの活動や思想を紹介。FacebookのEri氏も、Appleとはビジネスモデルが異なるため具体的な部分は異なるもののプライバシーを非常に重要だと考えて活動していると述べるなど活発な意見交換を行っていた。

関連記事