NHK BS4Kなど6チャンネル

ひかりTVがBS4K IP放送開始。9月12日から。専用チューナーのレンタル必須

編集部:平山洸太
2019年09月11日
NTTぷらら および アイキャストは、映像配信サービス「ひかりTV」において、新4K8K衛星放送におけるBS4Kデジタル放送のIP再放送サービスに9月12日から対応する。

当初は2019年の春とアナウンスされていたが、「対応に向けたシステム開発および試験に想定以上の時間」を要するとし、開始を延期していた。今回正式に開始日が決定し、スタートする格好だ。

「ST-4500」

利用できるチャンネルは、NHK BS4K、BS日テレ4K、BS朝日4K、BS-TBS 4K、BSテレ東4K、BSフジ4K。これら6チャンネルが、9月12日の10:00から提始される。

ひかりTVのお値うちプラン、テレビおすすめプラン、ビデオざんまいプラン、基本放送プランに加入している方はそのままの契約で視聴可能。対応チューナー「ST-4500」をレンタルする必要があり、こちらの価格は契約事務手数料が1,080円(税込)、月額レンタル料が756円(税込)。

このチューナーと接続することで、4Kチューナー非搭載の4Kテレビでも4K放送を視聴できる。またインターネット回線は「フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ・マンションタイプ」もしくは光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスが対応。「ひかりTV for docomo」と「ひかりTV for NURO」は現時点で対応しておらず、対応は今後検討していくという。

関連記事