Paravi対応アップデートも

東芝レグザ「X930/Z730X/RZ630X」、Alexaやレグザボイス機能による音声操作に対応

編集部:小澤貴信
2019年07月30日
東芝映像ソリューション(株)は、有機EL/液晶テレビ“4Kレグザ”のアップデートをアナウンス。X930シリーズ、Z730Xシリーズ、RZ630Xシリーズにおいて、声で操作できる「レグザボイス」機能、および「Alexa」機能を追加するアップデートを実施する。実施時期は下記のようにモデルごとに異なる。

X930シリーズ

<4K液晶レグザ>
・Z730Xシリーズ(65Z730X、55Z730X、49Z730X、43Z730X)
・RZ630Xシリーズ(50RZ630X、43RZ630X)
 →バージョンアップ開始時期:2019年7月31日

<4K有機ELレグザPro>
・X930シリーズ(65X930、55X930)
 →バージョンアップ開始時期:2019年秋

なお、アップデートは放送波およびインターネット経由にて行う。

このバージョンアップにより、リモコンの「ボイス」ボタンを押し、見たい番組名やシーン名を話しかけるだけで、該当番組がすぐに再生できるようになる。Amazonの音声認識機能「Alexa」の内蔵も実現。リモコンのマイクを通じてAlexaに話しかけることにより、天気予報の確認や、音楽の再生などが行えるようになる。

X930シリーズはリモコンのマイクに加え、レグザ本体にもマイクを内蔵しており、このバージョンアップによって、「OKレグザ」とテレビ本体に話しかけることで操作が行える。声でテレビの電源を入れたり、チャンネルを変えることができ、「OKレグザ、ニュースがみたい」と話しかけることで、タイムシフトマシンで保存されたニュースを再生するといった使い方もできる。そのほかのAlexaの機能も、テレビ本体に話かけることで利用できる。

また、4Kレグザが動画配信サービス「Paravi」に対応するソフトウェア・アップデートも同時に発表された。対象モデルは以下の通りで、バージョンアップ時期は7月31日となる。

<「Paravi」対応アップデート対象モデル>
・X930シリーズ(65X930、55X930)
・X830シリーズ(65X830、55X830)
・Z730X(65Z730X、55Z730X、49Z730X、43Z730X)
・RZ630X(50RZ630X、43RZ630X)
・M530X(65M530X、55M530X、50M530X、43M530X)

関連記事