ファームウェアアップデートを実施

Astell&Kern、A&ultima SP1000に「SP1000 AMP接続設定」「カーモード」など機能追加

編集部:小野佳希
2019年06月18日
アユートは、Astell&Kern製ポータブルオーディオプレーヤー「A&ultima SP1000」をアップデート。「SP1000 AMP」との接続設定機能などを追加する最新ファームウェア「V1.19」の提供を開始した。

A&ultima SP1000

アップデートによって、7月に発売予定の「SP1000 AMP」(関連ニュース)の接続/設定機能が追加される。

また、「カーモード機能」も追加。同モードでは、音楽再生時に再生/早送り/巻き戻し/楽曲リストを拡大表示。車内での使いやすさを優先した表示モードだという。

なお同モードは縦表示と横表示の両方に対応。また「画面オフ」から復帰する際、通常はボリュームホイールをプッシュするが、カーモード時は画面を2回タップするだけで復帰する。なお音楽ストリーミングサービスアプリでの音楽再生時にはこの機能は使用できない。

加えて「EQ(イコライザー)シェアリング機能」も追加。ユーザーEQ(イコライザー)設定で作成したEQプリセットを、他のSP1000に共有できるようになった。

ユーザーEQ設定画面上で作成したEQプリセットは、SP1000の内部ストレージ内「Eqlists」フォルダに保存される。そのファイルをPCへエクスポートの上、他のSP1000にインポートすることで共有が可能となる。なおSP1000で作成したEQファイルはSP1000のみで使用可能。

そのほか、アップデートではシステムの安定性向上も行われる。

関連記事