SP1000の出力を大幅に強化

Astell&Kern、A&ultima SP1000専用の外付けアンプ「SP1000 AMP」を7月発売

編集部:成藤 正宣
2019年06月05日
アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernブランドの新製品として、DAP「A&ultima SP1000」専用の外付けヘッドホンアンプ「SP1000 AMP」を、今年7月に発売する。オープン価格だが、市場では109,980円前後での実売を想定する。

「SP1000 AMP」(Stainless Steel/Copper/Onyx Black)

今年5月、ドイツ・ミュンヘンで開催されたオーディオショウ「High End MUNICH 2019」にて公開された製品が、国内で正式に発表されたかたち(関連ニュース)。

SP1000の背面から下部を覆うように装着し、SP1000下部の専用端子とUSB Type-C端子で接続、背面のネジで固定される専用設計のヘッドホンアンプ。SP1000本体の操作を妨げず、かつ一体感のあるデザインがされている。

「A&ultima SP1000 SS」に装着した状態。アンプ駆動時はSP1000ボリュームノブ付近のLEDが点灯する

SP1000とはUSB Type-Cと専用端子で接続する

カラーバリエーションはStainless Steel/Copper/Onyx Blackの3色だが、背面は共通してブラックヘアライン仕上げとし、SP1000本体の“影”をイメージしたデザインとなっている。

カラーバリエーションごとに前面パネルの色が異なるが、裏面は共通してブラックヘアライン仕上げとなる

出力端子は3.5mmステレオミニジャック/2.5mm 4極ジャックを搭載し、接続するイヤホン/ヘッドホンに合わせ、出力をHIGH GAIN/LOW GAINの2段階で切り替えることが可能。出力は、HIGH GAINモードのバランス接続で10Vrms/アンバランス接続で6.2Vrms、LOW GAINモードのバランス接続で6.2Vrms/アンバランス接続で2.9Vrmsとなっており、SP1000本体の出力(バランス接続が3.9Vrms/アンバランス接続が2.2Vrms)から大幅に強化される。

3.5mm/2.5mm端子を搭載

SP1000本体よりも格段に出力が向上する

3,700mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、HIGH GAINモードで約8時間、LOW GAINモードで約9時間の連続使用が可能。なお、電源投入時やイヤホン/ヘッドホン脱着時、ゲイン設定切替時には自動的に音量を下げる機能を搭載し、予期せぬ大音量で聴覚にダメージを与えない設計となっている。

2世代前のモデルにあたる「AK380 AMP」と比較しても、大きく出力が上回る

出力インピーダンスはバランス接続が1.2Ω、アンバランス接続が1.5Ω。素材はボディにアルミニウム、フロントパネルにステンレスを採用。本製品単体の外形寸法は75.7W×148H×9Dmm、質量は約200g。

関連リンク

関連記事