ネットワーク機能やカスタマイズ機能も充実

FiiO「M11」は55,500円前後で6月21日発売。バランス端子2種やデュアルDACなどの多機能DAP

編集部:成藤 正宣
2019年06月10日
エミライは、同社が取り扱うFiiOブランドのハイレゾDAP「M11」を、6月21日より発売する。オープン価格だが、55,500円前後での実売を想定する。

「FiiO M11」の発売日が6月21日に決定

同社直販サイト「FiiO Direct」をはじめ全国のオーディオ専門店/家電量販店にて取り扱い、予約は本日10時より開始する。

以前よりイベントや試聴会に出展されてきた製品が、正式に発売日を決定したかたち(関連ニュース)。

従来モデル「X5 3rd」の後継かつFiiOの新世代DAP「Mシリーズ」の中核モデルとして位置づけられるミドルクラスDAP。DACチップに旭化成エレクトロニクス「AK4493EQ」を2基搭載し、384kHz/32bitまでのPCM、11.2MHzまでのDSDネイティブ再生に対応。ヘッドホンアンプは新たに設計したフルバランス構成の回路を搭載する。

「AK4493EQ」をデュアル構成で搭載。ヘッドホンアンプも新規設計とのこと

出力端子は3.5mmステレオミニジャックに加え、2.5mm 4極バランスジャック/4.4mm 5極バランスジャックの3種類を搭載。3.5mmジャックはライン出力/同軸デジタル出力を兼ねるほか、384kHz/32bit PCM、5.6MHz DSDまでのUSBオーディオ出力や、LDAC/aptX HD/apt X/HWA/SBCといったコーデックによるBluetooth送信など、多数の接続方法に対応している。Bluetoothではまた、SBCコーデックによる受信にも対応している。

3.5/2.5/4.4mmの3種類のヘッドホン出力を搭載

OSは高音質を追求するためFiiOがカスタマイズしたAndroid OSを搭載。他の「Mシリーズ」DAPと同様のホワイトリスト形式や、外部オープンAPKサービスを用いて、ストリーミングサービスをはじめ様々なアプリがインストール可能としている。

ホワイトリスト形式や外部のオープンAPKサービスによりアプリの追加が可能

SoCにSamsung「Exynos 7872」、3GBのRAM、5.15インチのフルHDタッチディスプレイを採用することで音質だけでなく快適な操作感も実現。ストレージは32GBの内蔵メモリのほか、それぞれ最大2TBまで対応するmicroSDカードスロット2基も搭載し、余裕を持った音楽ライブラリが構築可能としている。

2.4GHz/5GHzのデュアルバンドWi-Fiを搭載し、AirPlayやDLNAを経由したネットワーク再生や、PCやスマートフォンから本機にワイヤレスで楽曲転送を行う「Wi-Fiトランスファー」機能にも対応する。専用アプリ「FiiO MUSIC」をインストールしたAndroidスマートフォンとBluetooth接続を行うことで、スマートフォンから本機のリモート操作を行う「FiiO Link」機能にも対応している。

その他、PCMオーディオファイルを再生時にDSD 2.8MHzにリアルタイム変換を行い、質感の異なるサウンドが楽しめるという「DSD変換モード」、8バンドのダイナミックEQといった機能を搭載。Windows/macOSのPCに接続することで、USB-DACとして使用することも可能となっている。

音質カスタマイズも豊富に搭載し、USB-DACとしても使用可能

最長連続再生時間はアンバランス出力時約13時間/バランス出力時約9時間で、省電力機能ディープスリープにより電源オンのままでも最長50日間のスタンバイが可能。急速充電Quick Charge 2.0、MediaTek Pump Expressにも対応している。外形寸法は70.5W×130H×15.5Dmm、質量約211g。

関連記事