50型が10万円前後

ハイセンス、“NEOエンジン”搭載の4Kチューナー内蔵液晶テレビ「E6800」。43型で9万円前後から

編集部:押野 由宇
2019年05月13日
ハイセンスジャパンは、“NEOエンジン” 搭載のBS/CS 4Kチューナー内蔵液晶テレビ「50E6800」(50型)および「43E6800」(43型)を、5月下旬より発売する。価格はオープンだが、50E6800が10万円前後、43E6800が9万円前後での実売が予想される。

「50E6800」

ともに地デジ映像、BS/CS 4K放送映像のノイズ感を軽減し、細やかな映像解析や輝度調節で、クリアで高精細な映像を実現するという “NEOエンジン” を搭載。高精細な4K映像を活かしながら、滑らかなグラデーションやディテールを表情豊かに表現するとしている。

「43E6800」

BS/CS 4Kチューナーを1基内蔵。さらに地上デジタル/BSデジタル/110°CSデジタルの3波にそれぞれ3チューナーを搭載し、外付けHDDでの裏番組録画に対応している。

パネルはVAで、解像度は3,840×2,160。HDRはHDR 10およびHLGをサポートする。コントラストは4,000:1で、視野角は上下左右で178度。また、最小遅延が約0.83msで、ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、 特にFPSや格闘ゲームなどに最適な機能とする「低遅延ゲームモード」を備える(パネルによる遅延を除く)。

また同社のスマートテレビの特徴である、スマートシステム「VIDAA」により、VODサービスや番組表などが表示されるホーム画面を使いやすくカスタマイズできるのも特徴だ。なおVODサービスはNETFLIX/YouTube/U-NEXT/dTV/ひかりTV4K/acTVila4K/TSUTAYA TV/スカパーon demand/クランクイン!ビデオ/DMM.com/acTVilaに対応する。

付属リモコン。VODサービスの呼び出しなども行える

サウンド面では最大7.1ディスクリートチャンネルによるサラウンドサウンド「ドルビーオーディオ」を搭載。また、サウンドイコライザーが中高音域を高分解能で補正し、オーディオオプティマイザーが低音域を補正する「Hi-Sound Pro」や、人の声を強調し聞き取りやすくする「Clear Sound」などを備える。

ほか、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカーとの連動が可能。音声での電源オン・オフやチャンネル変更などが行える。入出力端子として、HDMI入力×4、ビデオ入力×1、USB×2(USB2.0対応×1、USB3.0対応×1)、光デジタル音声出力端子×1、LAN×1、ヘッドホン出力×1を搭載。

外形寸法/質量(スタンド含む)は、50E6800が1112W×693H×235Dmm/11.7kg、43E6800が959W×601H×186Dmm/9.1kgとなる。

関連記事