保証期間満了後も対応

ソニー、4K BRAVIA「KJ-55X9300D」「KJ-55X8500C」の液晶パネル無償修理を実施

編集部:川田菜月
2018年04月20日
ソニーは、同社の液晶テレビ“BRAVIA”「KJ-55X9300D」「KJ-55X8500C」の2機種について、液晶パネルの不具合があるとして無償修理を実施する。

「KJ-55X9300D」「KJ-55X8500C」の無償修理を実施

KJ-55X9300Dは2016年5月に発売されたモデルで、画面に横線が発生する場合があるとのこと。無償修理期間は2021年1月31日まで。

KJ-55X8500Cは2015年5月に発売されたモデルで、イルミネーションLEDが6回点滅状態となり電源が入らなくなる場合があるとのこと。無償修理期間は2020年5月31日まで。

いずれも故障診断の結果、それぞれ不具合による事象が発生していると判断した場合には、同社規定の保証期間の満了後も無償で修理対応するとのこと。専用の受付窓口は以下のとおり。

【専用受付窓口】
ソニーテレビ受付センター
フリーダイヤル/0120-347-703(PHS/携帯電話からも利用可能)
受付時間:平日 午前9時 - 午後6時
     土・日・祝日 午前9時 - 午後5時

関連記事