VAパネルを採用

JAPANNEXT、マルチウィンドウ対応の65型4K/HDRモニター。発売記念特価で2万円オフ

編集部:平山洸太
2019年03月19日
JAPANNEXTは、VAパネル採用の4K/HDR対応 65型液晶モニター「JN-V6500UHDR」を本日3月19日から発売する。価格は直販サイトで129,980円(税込)。3月29日までは発売記念特価販売セールとして、109,980円(税込)で販売される。

「JN-V6500UHDR」

4K(3,840x2,160)解像度およびHDRに対応したモニター。液晶パネルにはVAパネルを採用し、上下左右178度の広視野角を確保している。コントラスト比は5,000:1で、輝度は330cd/m2。そのほか10bit対応でリフレッシュレートは60Hz対応。

映像端子類にはHDMI2.0、HDMI1.4×2、DisplayPort、VGA、の合計5つのポートを搭載。HDCP 2.2にも対応しているため、Ultra HD Blu-rayプレーヤーや映像配信サービスなどでの4Kコンテンツも楽しむことができる。そのほか音声端子として、PC AUDIO、OPTICAL、イヤホン用の端子を搭載する。

背面イメージ

マルチウィンドウ機能、P in P/P by Pに対応し、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示可能。そのほかMHLにも対応し、スマートフォンスマートフォンの映像や写真、ゲームを大画面で楽しむといったこともできる。

外形寸法は1,464W×918H×301Dmm(スタンド付き)で、質量は約20kg。

関連記事