180度/360度ともにHDR撮影に対応

180度3D撮影も可能な折りたたみ式360度カメラ「Insta360 EVO」。約5.6万円

編集部:押野 由宇
2019年03月14日
SB C&Sは、180度3D撮影も可能な360度カメラ「Insta360 EVO」の国内販売を4月12日より開始する。取り扱いは全国の家電量販店(一部店舗を除く)と各社オンラインショップ、Amazon、SoftBank SELECTION オンラインショップで、3月14日より各取り扱い店舗で予約の受け付けが開始となる。SoftBank SELECTIONオンラインショップ販売価格は56,570円(税込)。

「Insta360 EVO」

Insta360 EVOは、折りたたみ式の360度カメラ。広げて180度の3D撮影、折りたたんで従来と同じ360度撮影という2つの撮影方式を、一台で実現できることを特徴とする。先日ティザーで告知されていたモデルが正式に発表された格好だ(関連ニュース)。

広げて180度3D撮影、折りたたんで360度撮影に対応する

新たに「180度3D撮影モード」が実施され、高画質な180度立体視の動画・静止画を簡単に撮影できるとしている。日常目にしている立体的な光景を、5.7Kの高画質180度3D動画と、約1,800万画素の180度3D静止画で撮影することができる。

180度3D撮影モード

本機能について同社は、「子供が最初の一歩を踏み出す瞬間や、未知の場所への旅行、古い友人との再会の場面など、一生に一度しかないさまざまなシーンを、より没入体験ができる3D撮影で楽しめる」とアピールしている。

また、360度撮影については、5.7K(5,760×2,880)の360度動画と、約1,800万画素の360度静止画を撮影できる。180度3D撮影モードと360度撮影モードのどちらもHDR動画・静止画撮影が可能で、どちらも広角に撮影でき、後処理の工程を必要とせず、どの角度でも自然で、明暗差のあるリアルな動画・静止画を撮影できるという。

360度撮影モード

撮影した180度3D撮影データ、360度撮影データは、付属する折りたたみ3Dグラス(プラスチック製)とスマートフォンで視聴できるほか、Oculus GoやHTC VIVE Focus、Galaxy Gear VRなどのVRヘッドセットでも再生可能。これには専用アプリ「Insta360 VR」が必要で、HTC VIVE Focus向けは3月末にリリース予定となっている。

VRヘッドセットなどで撮影した映像を楽しめる

またInsta360 EVOにあわせ、3D再生技術に強みを持つ韓国MOPIC社とInsta360が共同開発した特殊なスマートフォンケース「Insta360 HoloFrame」(別売、国内販売未定)を装着することで、スマートフォンアプリ「Insta 360 EVO」のアイトラッキング機能により、VRヘッドセットやVRゴーグルなしで3D映像を裸眼で楽しめるとしている。

動画・静止画撮影には、最新の手ブレ補正技術「FlowState」を採用。手ブレを抑えるジンバルなどの機材を使用することなく、それに劣らない手ブレ補正を実現したとする。また「180度3D撮影モード」では、3D撮影に適した専用の手ブレ補正技術を採用。持ち歩きながら撮影しても、滑らかな3D映像が記録可能となる。

180度3D撮影に適した手ブレ補正技術を採用

さらにスマートフォンアプリ上で撮影できる「TimeShiftモード」では、360度のタイムラプス・ハイパーラプス動画を撮影できる。アプリと連携することで、180度3D撮影データや360度撮影データの再生・カット編集、各種色合い調整などが可能。両データに対応しているFacebookやYouTubeなどのソーシャルメディアに簡単に投稿できるようになっている。

本体には持ち手代わりにも利用できる小型の三脚や、持ち運び時に活用できる保護ポーチを付属する。連続動作時間は65分で、外部メモリーとして最大128GBのmicroSDカードに対応。外形寸法は180度3D撮影モード時が約98.4W×49H×26.27Dmm、360度撮影モード時は約50.3W×49H×52.54Dmm、本体質量は約113g。

関連リンク

関連記事