GfKジャパンが市場動向調査結果を発表

2018年の映像ソフト市場、BDシフトや4K UHD BDでの高付加価値化でプラス成長

編集部:小野佳希
2019年02月26日
GfKジャパンは、2018年のセル映像ソフトの販売動向を発表。市場全体では金額ベースでわずかながらプラス成長となり、ブルーレイソフトの金額構成比は55%となったこと、4K Ultra HD Blu-rayソフトは2018年末時点で300タイトルを超え、24億円規模になったことなどを明かした。

2018年のセル映像ソフト市場(DVD、Blu-rayなど全て含む)は、数量前年比7%減の3,290万枚、金額前年比1%増の1,674億円となり、金額規模は集計を開始した2006年以降初の前年超えとなった。税抜き平均価格は前年から8%上昇し5,100円となったという。なお販売チャネル別の金額構成比では、 Eコマース60%、メディアストア25%、家電量販店6%と、前年から大きな変化は見られなかった。

ジャンル別の金額構成比では、安室奈美恵作品等で盛り上がった音楽が前年から10%ポイント伸長し、42%となった。その一方で、前年「君の名は。」が注目を集めた邦アニメは6%ポイント縮小した。そのほか、洋画、洋TVドラマ、趣味教養が各1%ポイント縮小した。

ジャンル別金額構成比

2018年のブルーレイソフト市場(4K Ultra HD Blu-ray含む)は、数量前年比5%減の1,524万枚、金額前年比1%増の914億円。比較的単価の高い音楽ジャンルの伸長により、平均価格は前年から6%上昇し6,000円となったという。また、映像ソフトに占めるブルーレイソフトの金額構成比は前年から1%ポイント拡大し55%となり、「ブルーレイへのシフトは緩やかながらも堅調に進んでいるといえる」としている。

なお販売チャネル別金額構成比は、Eコマース67%、メディアストア20%、家電量販店7%。ジャンル別金額構成比では、好調であった音楽ジャンルの構成比が大幅に伸長した。映像ソフト全体に占めるブルーレイソフトの比率は洋画、邦画、邦アニメ、音楽等のジャンルで順調に拡大しており、特にブルーレイシフトが進んでいる邦アニメにおいては金額比率が77%に達した。なお、前述のようにUHD BDソフトは2018年末時点で300タイトルを超え、24億円規模となった。

GfKでは、2019年の映像ソフト市場の展望について「金額ベースでも縮小基調に転じるとみられる」と分析。一方で「DVDソフトからBlu-rayソフトへのシフトはさらに進展し、特に4K Ultra HD Blu-rayソフトは引き続き拡大していくことが期待される。これにより市場全体の平均価格は上昇し、金額ベースでの縮小幅は数量に比べ小さく留まると見込む」としている。

また、 UHD BDソフトについては「邦アニメ等、洋画以外のラインナップ拡充が進み、4K対応機器の普及とともに引き続き市場活性化に貢献していくとみられる」としている。

関連記事