4K/60p 18Gbps伝送に対応。無線非搭載の「TW8400」も

エプソン、明るさを高めHDR性能を向上させた4Kプロジェクター「EH-TW8400W」

編集部:押野 由宇
2019年02月12日
エプソンは、3LCD方式のホームプロジェクター “dreamio” シリーズの新商品として、「EH-TW8400」「EH-TW8400W」を、2月21日(木)より発売する。価格はオープンだが、EH-TW8400が299,980円前後、EH-TW8400Wが329,980円前後。

「EH-TW8400」

3LCD方式を採用した4K/HDR対応のホームプロジェクター。同方式により色再現性に優れ、カラーブレーキングのない明るくクリアな大画面映像を実現。さらに従来機種である「EH-TW8300」「EH-TW8300W」と比べ、明るさを100lmアップした2,600lmとした。

またHDRはHDR10に加え、HLG(Hybrid Log Gamma)にも対応したほか、4K/60p 18Gbps伝送にも対応した。これにより4K放送も臨場感ある画像で楽しめるとともに、情報量が豊富になり、映像の明暗差を豊かに表現できるため、肉眼で見た映像に近いリアルな表現が可能となったとしている。

さらに、従来は4段階だったHDRのモードについて、コンテンツに合わせて明るさ、グラデーションを視聴環境や好みに合わせて調整できるよう、さらに細かい16段階の変更が可能になった。また、従来はメニューの深い階層にあったHDR設定メニューがリモコンのHDRボタンを押すだけですぐに操作できるようになっている。

操作リモコンを付属する

画質面ではエプソンの4Kエンハンスメントテクノロジーを採用し、光の透過率が高いフルHDの0.74型ワイドポリシリコンTFT液晶パネルを使用することで光を効率的に活用。4K相当の解像度を実現しながら、明るく色鮮やかな色彩表現が可能という。コントラスト比は1,000,000:1。

使用イメージ

そして従来機種と同様、2.1倍ズームレンズと上下96%、左右47%のレンズシフトを装備。フォーカス/ズーム/レンズシフトは全て電動で、レンズポジションを10個まで登録できる。

EH-TW8400Wは、4K入力信号のワイヤレス伝送を可能としており、配線の少ないすっきりとしたホームシアターを構築することができる。なお、ワイヤレス接続の場合は、4K/24p HDRまでの対応となる。

入力端子はミニD-Sub15pin×1と、HDCP2.2対応HDMIを2系統備える。騒音レベルは最小20dB。外形寸法はともに520W×170H×450Dmm、質量は約11.2kg。

関連リンク

関連記事